autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フィアット 500 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2007/7/26 16:44

フィアット 500 海外試乗レポート(2/3)

関連: フィアット 500(チンクエチェント) Text: 西川 淳 Photo: フィアット・オート・ジャパン
フィアット 500 海外試乗レポート

甘やかしたくなる、愛くるしいデザイン

イメージ

ご覧の通り、愛しのチンクェチェントのデザインモチーフを、巧みに現代的に表現している。4人乗り3ドアスタイル、という普通の説明では飽き足らないスタイリングである。愛くるしいフロントマスクや二段デッキスタイルといった全体のテイストだけでなく、ディテールのデザインにも凝っている。仕上げも上々だ。

ベースは現行パンダ。ホイールベース2,300mmがそのことを物語っている。全長3.5mちょいというコンパクトさだが、もちろん旧型500よりは、ひと回りも大きい。これは前後トレッドを拡げて、踏ん張りの効いたスタイルにした為と思われる。デザインはフィアットデザインセンター。04年のコンセプトカーよりも少し間延びした印象だが、切れ上がったサイドシルデザインがその辺を巧く隠している。

そして、一番の見所はこの可愛いスタイルを自分好みに仕立てるオプションパーツが豊富なこと。ヴィンテージ風カラー6色を含む全12色のボディカラーに、15種類のインテリアトリム、19タイプのステッカー、9スタイルのホイール、3種類のエレクトロニックフレグランス、多彩な後付けクロームモール類に携帯電話感覚のカラーキーケースセットなど、エンジンタイプやパノラミックルーフ、スカイウィンドーなども掛け合わせると、なんと55万通りのチンクが出来上がるという寸法だ。

考えるだけでワクワクするオプション設定、見ているだけで笑顔が浮かんでくるデザインだ。ひょっとするとこれが新型500最大の魅力なのかも知れない。

イメージイメージフロントリアフォグランプ
エンジン

パンダーベースとあって、メカニズムもほぼ共通である。エンジンラインナップは3種類。1.2SOHCと1.4DOHCのガソリンエンジンに、欧州では1.3DOHCターボのディーゼルエンジンが加わる。組み合わされるミッションは、1.2と1.3Dに5MT、1.4には6MTとした。また、両ガソリンエンジンには5速セミオートマのデュアロジックの搭載も可能である。全エンジンともにユーロ4適合。CO2排出量は、1.2が119g/km、1.4が少し悪くて149g/km、そして1.3Dが111g/kmというカタログデータで、燃費はそれぞれ順に、19.6km/l、15.9km/l、23.8km/lだという。

各エンジンタイプにそれぞれポップ、スポーツ、ラウンジ、レザーという4種類のグレードが用意されており、それぞれに各種インテリアカラーやマテリアルが用意され、全部で15種類のトリムレベルから選ぶことになる。エクステリアに負けず、見ているだけで楽しくなるインテリアデザインだ。色遣いもよく、中でもフラウレザー仕様ともなれば、ちょっとしたスペシャリティカーの装いであった。シートも可愛い。難を言えば、シフト周りのデザインが素っ気ないことと、細かな仕立ては日本の軽自動車をやや下回るといったところ。目くじらたてるほどじゃないけれど、というのが本音。そんな細かなことを許せてしまう雰囲気が新しい500にはある。

7つのエアバッグにABS+EBDは標準。ASR/MSR+HBA、ヒルホルダーを統合したESPは1.4に標準で、その他でもオプションで選べる。

生産はフィアットのポーランド工場(現行パンダを生産中)で、年産12万台を予定。現地価格は1.2の5MTポップのベースグレードが1万500ユーロからとなっている。

インパネフロントシートリアシートラゲッジセンターパネル

フィアット 500(チンクエチェント) 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事

フィアット 500(チンクエチェント)の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット 500(チンクエチェント) の関連記事をもっと見る

フィアット 500(チンクエチェント) の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22