autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー 【3月6日更新!ジュネーブショー2013】ラ フェラーリのジュネーブ現地フォトを追加!ラ フェラーリ ジュネーブモーターショー2013でワールドプレミア

モーターショー 2013/3/6 10:32

【3月6日更新!ジュネーブショー2013】ラ フェラーリのジュネーブ現地フォトを追加!ラ フェラーリ ジュネーブモーターショー2013でワールドプレミア

【3月6日更新!ジュネーブショー2013】ラ フェラーリのジュネーブ現地フォトを追加!ラ フェラーリ ジュネーブモーターショー2013でワールドプレミア

「跳ね馬」を象徴する情熱、技術、唯一無二の要素を兼ね備えたネーミング

ラ フェラーリ
ラ フェラーリラ フェラーリ

フェラーリ史上、最も高く評価されたモデルの集大成を公開

フェラーリは、2013年3月5日のジュネーブモーターショー2013において、わずか499台のみの生産となる特別限定モデル「ラ フェラーリ」をワールドプレミアした。

「ラ フェラーリ」には、スクーデリア・フェラーリのF1KERSに関するノウハウをフル活用する「HY-KERS」と呼ばれるハイブリッド・システムが採用されており、これはフェラーリ史上初となる。

エンジンは6,262ccのV型12気筒で出力800CV、最高回転数9,250rpmを達成。

圧縮比は13.5:1と非常に高く、1リットル当たりの出力も128CVに達する。この高性能エンジンと120Kw(163CV)のエレクトリッ ク・モーターの組み合わせによって、「ラ フェラーリ」の総合最高出力は963CVを発生する。

エレクトリック・モーターにより低速回転時に高いトルクが得られるため、「ラ フェラーリ」のエンジン特性は高速回転域で最適化されている。これにより、全回転域で一貫した高いパワーを得ることができ、900Nmを超える総合最大トルクを発揮。

ラ フェラーリラ フェラーリ

ハイブリッド・システムは、マニエッティ・マレッリと共同で開発した2基のモーターを採用。1基は駆動輪を、もう1基は補助システムをそれぞれ駆動させる。また、バッテリーパックはフロアに取り付けられており、コンポーネント重量とサイズは大幅に削減され、その重量はわずか60kgに抑えられている。

ブレーキはブレンボ製ブレーキ・システムが装備されており、冷却性能を向上させるために特別設計された新型軽量キャ リパー、新構造のカーボンセラミック製(CCM)ディスクのほか、新しい機能も搭載されている。

タイヤはピレリP-Zeroで、サイズはフロントが265/30R19、リアが345/30R20と、前後で異なるセットアップが図られている。

0-100km加速タイムは3秒未満、0-200km加速タイム7秒未満、フィオラーノ・サーキットでのラップ タイムは「エンツォ・フェラーリ」より5秒速く、また「F12ベルリネッタ」より3秒以上速い1分20秒以下というトップ・レベルのパフォーマンスを発揮する「ラ フェ ラーリ」は、フェラーリ史上最速のロードカーだ。

「ラ フェラーリ」 主要諸元

ラ フェラーリ

最大合計出力:963CV

最大合計トルク:900Nm以上

V12最大出力:800CV@9,000rpm

最大回転数:9,250rpm

V12最大トルク:700Nm@6,750 rpm

ラ フェラーリラ フェラーリ

電気モーター出力:120Kw(163CV)

CO2 排出量:330g/km

最高速度:350km/h以上

0-100 km/h:3 秒未満

0-200 km/h:7秒未満

0-300 km/h:15 秒

ラ フェラーリ

形式:65° V型12気筒

ボア/ストローク:94 x 752 mm

総排気量:6,262 cc

圧縮比:13.5:1

1リッターあたり出力:128 PS /リットル

全長 x 全幅 x 全高:4,702 x 1,992 x 1,116mm

ホイールベース:2,650 mm重量配分

ギアボックス:7速DCT

タイヤ(ピレリP-Zero):(フロント)265/30R19(リア)345/30R20

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フェラーリ の関連記事

フェラーリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ の関連記事をもっと見る

フェラーリ の関連ニュース

フェラーリ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22