autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フェラーリ「488スパイダー」ダウンサイジングターボで大幅性能向上!日本上陸も異例の早さ

試乗レポート 2015/11/24 17:07

フェラーリ「488スパイダー」ダウンサイジングターボで大幅性能向上!日本上陸も異例の早さ(1/2)

関連: フェラーリ Text: 西川 淳 Photo: フェラーリ ジャパン
フェラーリ「488スパイダー」ダウンサイジングターボで大幅性能向上!日本上陸も異例の早さ

スパイダーを追加するのが、最近の恒例

フェラーリ488スパイダー

1970年代のなかばに、V8エンジンをミッドに積んだ“ピッコロ”(=小さな)フェラーリが登場して以来、現在に至るまで、それは跳ね馬の主力モデルであり続けている。もっとも、いつの間にか“ピッコロ”ではなくなったが。

最新モデルが15年3月に登場した488GTB。位置づけとしては先代となる458イタリアの、いわゆる“ビッグマイナーチェンジ”版だ。進化のポイントは、後で詳しく説明するが、ダウンサイジングターボを採用し、大幅に性能が向上したこと。

GTBという名は、初代V8ミッドスポーツカーとなる308GTBシリーズへのオマージュで、この時代にすでにイタリア国内向けの“ダウンサイジングターボ”グレード(環境ではなく税金対策だった)があったことも関係している。ちなみに、488はさらに昔の伝統に則って、一気筒当たりの排気量を表す。488×8=約3900ccで、458=4.5リッターV8から排気量を600ccも減らした。

15年夏に488のスパイダー版を発表、秋にワールドプレミアした。クーペを出して半年後にスパイダーを追加するのが、最近の恒例である。

【フェラーリ488スパイダー画像ギャラリーはコチラ】

ユーザーが期待する以上の大幅なスペックアップを狙った!

フェラーリ488スパイダー

フェラーリはV8モデルを二世代毎にフルモデルチェンジする。振り返ってみれば、308と328、348と355、360と430、そして458と488、がそれぞれセットになっているというわけだ。けれども、この二世代の間で、パワートレインを大きく変更することもまた、恒例だ。もちろん、今回でいえば、ダウンサイジングターボを採用したことである。

既に発売済みのカリフォルニアT用ターボエンジンと同系統のプロジェクトから生まれた、直噴3.9リッターのV8ツインターボ。注目すべきは、決してCO2排出量を減らせたことではない。458系4.5リッターNAに比べて+100psと+220Nmという大幅な性能向上を達成したという点にこそある。

フェラーリとしてはあくまでも、ユーザーが期待する以上の大幅なスペックアップが狙いだったというわけ。当然、この驚異のパワーアップに対応すべく、ミッションやブレーキ、各種電子制御はもちろんのこと、ボディやシャシーも強化もしくはアップグレードされた。

乾燥車両重量は、458スパイダーより10キロ軽く、クーペの488GTBよりも50キロ重い。パワーウェイトレシオは2.12というから驚異的。さらに驚くべきは0→100km/h加速数値で、なんとクーペと同じジャスト3秒と発表されている。最高速度は325km/h。

フェラーリ488スパイダーフェラーリ488スパイダーフェラーリ488スパイダーフェラーリ488スパイダーフェラーリ488スパイダー
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フェラーリ の関連記事

フェラーリの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ の関連記事をもっと見る

フェラーリ の関連ニュース

フェラーリ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21