autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フェラーリ 458スパイダー 試乗レポート/九島辰也 3ページ目

試乗レポート 2014/1/23 10:36

フェラーリ 458スパイダー 試乗レポート/九島辰也(3/3)

フェラーリ 458スパイダー 試乗レポート/九島辰也

ひとたび踏み込めばそこは・・・!

Ferrari 458 Spider(フェラーリ458スパイダー)

さて、ではフェラーリ 458スパイダーを走らせてみよう。

7速F1デュアルクラッチはAUTOで走る上でなんら不自由はない。出だしからジェントルで滑らかにシフトアップしていく。データ上の燃費を稼ぐためそのテンポは早いが、それによるもたつきなどの弊害はなかった。以前フェラーリ カリフォルニアに乗ったとき「いやに早いな」と思ったがこいつはそれとは違う。

それでもアクセルを少しばかり強く踏み込むと、2800回転あたりでエキゾーストノートが変わる。例の甲高い乾いたサウンドの兆候を見せる。そこで、AUTOスイッチを押してキャンセルする。あとはパドルシフトで思いのままのアクセレーションとサウンドを堪能すればいい。まわりに配慮しながら……。

時を忘れるクイックなハンドリング

Ferrari 458 Spider(フェラーリ458スパイダー)

ハンドリングはまんまゴーカートのようでまるで足と直結しているかのようにクイックに動く。それはこいつのハンドルがロックトゥーロックで2回転も回らないからだ。通常のクルマのハンドルが2回転半回るとするなら、この感覚は至極もっともだろう。よって、送り手でハンドル操作すると不自然になってしまう。上部や下部のフラットなところを掴むからだ。つまり、しっかりグリップしたまま大きく腕をまわすのがこのクルマの扱い方となる。

今回は公道試乗だけだったので、各デバイスを集中制御するマネッティーノは“SPORT”のみにした。“RACE”モードにするとトラクションコントロールの精度も上がり、コーナーの脱出も素早くなるそうだから、機会があればクローズドの場所で試したいもんである。

真冬のオープンドライブはこのうえなく心地良い

Ferrari 458 Spider(フェラーリ458スパイダー)

最後にオープントップの快適性だが、それは想像以上といえる。今回の試乗では三浦半島のマリーナから都内まで、1月にも関わらず屋根を開けて高速クルージングしたが、気持のよさはこの上なかった。風の巻き込みは少なく、キャビンはエアコンの温風に包まれたままだ。しかも、トンネルを通過したときのサウンドは快感そのモノ。思わず右足に力が入ったのは言わずもがな、である。

Ferrari 458 Spider(フェラーリ458スパイダー)

といった感じの458スパイダー。今回はフェラーリレッドではなく、グリジオシルバーストーンというグレー系のボディカラーが印象的だった。その名前からも感じられるように、英国人の好きそうなオトナの雰囲気をプンプン漂わせる。その意味ではまた違った顔を見せつけられたような気がした……。

[レポート:九島辰也/Photo:茂呂幸正]

筆者: 九島 辰也

フェラーリ 458スパイダー 関連ページ

フェラーリ 458イタリア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フェラーリ 458スパイダー の関連記事

フェラーリ 458スパイダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ 458スパイダー の関連記事をもっと見る

フェラーリ 458スパイダー の関連ニュース

フェラーリ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29