autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フェラーリ 458 スパイダー 試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2012/4/12 16:26

フェラーリ 458 スパイダー 試乗レポート/石川真禧照(2/2)

関連: フェラーリ 458スパイダー Text: 石川 真禧照 Photo: オートックワン編集部
フェラーリ 458 スパイダー 試乗レポート/石川真禧照

まさか、フェラーリにもアレが!?

フェラーリ458スパイダーフェラーリ458スパイダー

フェラーリ458スパイダーのメカニカルな部分は458とほぼ同じ。ただし、オール・アルミニウムのシャーシは、ボディのオープン化にあたり、強化されている。サイドシル部分に補強材を入れることで、これまでの360やF430のスパイダーよりも剛性はかなり上がっている。

ミッドシップとされたエンジンは、5.0リッター V8の570馬力。ミッションはF1-DCT。FFで初めて採用された7速DCTをさらに進化させたミッションだ。

完全に一体化された油圧制御クラッチ&ギアシフトと、ディファレンシャル制御システムのおかげで、パドルによるシフトチェンジは、シフトアップ/ダウンともにタイムラグがなく、素早いシフトチェンジが可能。

特にATモードでのシフトアップは、この手のMTモードの中では最もタイムラグが少ない。

さらにこのV8エンジンには、フェラーリが今年のモデルから標準化しているアイドルストップが備わっている。街中での信号待ちで、458スパイダーがいきなりエンジンをストップさせると、周囲の目は「フェラーリに乗っているのにエンストかよ」とこちらを見る。

しかし、信号が変わりエンジンがかかるとさらに驚く。「もしかしてアイドリングストップ?」再スタート時のエクゾーストノートは爆音に近い。

実は日常の足として使えるスーパースポーツカーだった!

フェラーリ458スパイダーフェラーリ458スパイダー

ルーフを閉じた状態の458スパイダーに乗り込む。目の前のスピードメーターは360km/hまで刻まれている。このときのエンジン回転計は10000回転スケールで、9000回転からレッドゾーン。

ウィンカーはステアリング内に設置されており、ちょうどステアリングを握ったときに親指がかかる辺りにある。左親指付近のボタンは左折のスイッチ、右のボタンは右折のスイッチなので、片手で左右のウインカーをだすことは難しい。

ホーンもハンドルの10時10分の位置に親指で押せるようにセットされている。コラムから一本のウインカーレバーが伸びているほうが使いやすいのだが。

フェラーリ458スパイダー

7速ミッションのシフトチェンジもパドルで行う。リバースとAT・MTの選択はコンソールのボタンを押して行う仕様。走り出して気が付いたのは、乗り心地の硬さ。サスペンションはユーザーの好みもあるが、筆者は硬めのほうが好きだ。

ちなみに乗り心地モードのセレクトもステアリングに内蔵されている。

フェラーリ458スパイダーフェラーリ458スパイダー

走りを楽しめるのは、ワインディングロード。クイックなハンドルフィールが気持ちを昂ぶらせる。反対に高速巡航はアクセルワークに神経を使う。理由は100km/h巡航時のエンジン回転数は2400回転。ハイパワー車やスーパーカーにしては、回転数が高い。ここはちょうどトルクが盛り上がるあたりなので、不用意にアクセルを開けると即座に車体が反応する為に、のんびりしたドライブが楽しめないからだ。

ルーフを開けると100km/h前後での風切音が意外に大きい。フロントウインドを開けているときは隣の人とヒソヒソ話はできそうにない。

ルーフが収納されるトランクルームは、スペースを十分確保しているから実用性は決して低くない。

意外と思うかもしれないが、458スパイダーは日常の“足”としても使えるフレキシブルさも持ち合わせているスーパースポーツカーだった。

フェラーリ 458スパイダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フェラーリ 458スパイダー の関連記事

フェラーリ 458スパイダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ 458スパイダー の関連記事をもっと見る

フェラーリ 458スパイダー の関連ニュース

フェラーリ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21