autoc-one.jp 記事・レポート ドライブ美人 愛称は“サキちゃそ”「立花サキ」×「トヨタ プリウス」【ドライブデート】

ドライブ美人

COOL & STYLISH LADY

愛称は“サキちゃそ”「立花サキ」×「トヨタ プリウス」【ドライブデート】

投稿日:2016年5月1日

愛称は“サキちゃそ”「立花サキ」×「トヨタ プリウス」【ドライブデート】

今回のドライブ美人で登場するのは、オートックワンの「新型車診察しちゃうぞ!」にも幾度となく登場している「立花サキ」ちゃん!アップガレージのイメージガール「ドリフトエンジェルス」を務め、日本レースクイーン大賞も受賞するなど圧倒的な人気を誇った彼女と富士スピードウェイでデートであったが、季節外れの雪が降り・・・(この企画はフィクションです)

話題の新型プリウスをドライブするモータージャーナリストのタカノ鞠尾。
目的地は、富士スピードウェイ。
実は、元レースクイーンで現在は人気モデルのサキちゃんをエスコートしていたのだ。
もう春だというのに、雪混じりの冷たい雨。
「季節外れのサーキットなんて、初めて」クラクラしそうなほどに可愛い笑顔を見せるサキちゃん。
「では、場内を一周しましょうか」プリウスを駆る鞠尾。
改めて来ると「広いねぇ」とサキちゃん。
「パドックに行ってみようよ!」
霧も出てきて、コースは灰色に煙っている。
こんな日でも走行会が開かれているのは、さすが富士スピードウェイ。寒空に爆音が響く。
「富士スピードウェイが、こんな姿を見せることもあるんだねー」と驚くサキちゃん。
ふたりだけで過ごす時間。鞠尾の頭の中では“いつもの”妄想が始まっていた。
レースクイーンならぬ、レーサーとして活躍するサキちゃん。
ツンデレモードで、鞠尾を見下す。
ちょっと表情が和らいだと思ったら・・
ちょっと“デレ”モードになるサキちゃん。
「お・ね・が・い」。妄想の中で、何をお願いされたのか・・?
再び“ツン”状態に戻る女王さま。
あまりにも悩ましいポーズ・・・
「なぁ~に、ボンヤリしているの?」
「また変なこと考えていたんでしょう、よだれ垂れてましたよ?鞠尾さん、あやし~い」
「久しぶりのサーキット、楽しかった♪」
「今度はいつ来られるかなぁ・・・」
意味ありげなサキちゃんの言葉とはうらはらに、次に来るときはレーシングスーツを持ってこようかどうか、真剣に悩む鞠尾であった・・・

立花サキ(TACHIBANA SAKI)

1988年11月10日生まれ。宮城県出身。身長165cm、スリーサイズはB:87 W:58 H:85。血液型はA型。2011年に日本レースクイーン大賞、2012年にレースクイーンオブザイヤー受賞。

趣味はお酒を飲むことと走ること。長所は元気で明るいところ。三栄書房のゴルフ雑誌「GOLF TODAY」イメージガールユニット「GTバーディーズ」に加入している。

立花サキ オフィシャルブログ 「WINNING RUN」

トヨタ プリウス

2015年12月9日にフルモデルチェンジを遂げたトヨタ プリウス。歴代より実現してきた優れた環境性能にさらなる磨きをかけ、「E」グレードにおいてはクラス世界トップレベルの 40.8km/L (JC08モード)を実現。

また、その他の2WD車においても37.2km/L、 プリウス初導入の4WDモデルE-Four(電気式4輪駆動方式)車は34.0km/Lの低燃費を達成している。

新型「プリウス」は、「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、Toyota New Global Architecture(TNGA)の第1号車として投入。

これにより、「低燃費」の実現とともにカッコよさを際立たせる「低重心スタイル」や「走りの楽しさ・乗り心地のよさ・静かさ」といった様々な基本性能を大幅に向上させている。

Model:Saki Tachibana

Photographer:Dan Aoki(https://www.facebook.com/yoshiyuki.aoki.75)

Hair Make-up:Eiko Maki

Text:Y.A.

Dedicated to the late NAGAKURA Manji