autoc-one.jp 記事・レポート ドライブ美人 「犬童美乃梨」×「ダイハツ キャストスポーツ」【ドライブデート】 画像No.1

ドライブ美人

COOL & STYLISH LADY

「犬童美乃梨」×「ダイハツ キャストスポーツ」【ドライブデート】

投稿日:2016年2月26日

私、タカノ鞠尾(まりお)は今、「ダイハツ キャストスポーツ」に乗っている。

今回はGカップグラドルの“みのりん”こと犬童美乃梨ちゃんが登場。

キャストスポーツの試乗インプレッション中であったタカノ鞠尾は、偶然にも美人女子社員の「猫童」ちゃんにばったり出会う。六本木まで送ってほしいとクルマに乗り込んでくる猫童ちゃんを前に、いつもの妄想が始まってしまう。(この企画はフィクションです)

私、タカノ鞠尾(まりお)は今、「ダイハツ キャストスポーツ」に乗っている。
“4ドアのコペン”を標榜する軽スポーツ。白いボディに赤いアクセントカラーが実に素敵なのである。
試乗インプレッションを記す。そう、自動車評論家である私タカノは、目を閉じて集中することで脳裏に文章が次々と浮かんでくるのだ。
本日は、キャストスポーツのエアダムとスニーカーの色をコーディネイトさせて頂いた。このこだわり、皆さんはお分かりになるであろうか。
インパネまわりの「赤」が、タカノのサングラスのテンプル(つる)に反復されている。トータルコーディネイトしての真剣試乗なのである。
・・・と、タクシーを待っているかのような仕草の女性がこちらを振り向く。あっ!あの娘は先日とある会社でお会いした美人女子社員の猫童チャンじゃないか!?
直ぐさま目の前に駆け付け、「お嬢さん、乗って行きませんか?」と冗談めかして誘ってみると、なんと笑顔!(涙)
「ホントに乗っちゃっていいんですか?」「ドーゾドーゾ」舞い上がるタカノ。
「あの・・・出来れば六本木の手前まで乗せていってもらえると助かるのですが・・・」
サングラス越しに、助手席の女性の太ももが視界に入ったとたん・・・
“いつもの”妄想がスタートしてしまった。
上目づかいでタカノを見つめる美人女子社員。
「タカノくん、なんだかここ暑いね」と、ジャケットを脱いでいく
「ふぅー、落ち着いた♪」ベッドに横になる
おもむろに彼女の腕が背中に回り、さらに一枚着ているものを剥いでいく
想像を超えた造形美に、思わず取り乱すタカノ
「タカノくん、ナニをジロジロ見てるの?」
つぶらな瞳がタカノを見つめる
眩しい笑顔に、思わずクラクラしてしまう
やわらかい表情のまま、タカノを挑発するかのような仕草を見せる彼女
物憂げな雰囲気に、思わず手が伸びそうになる
彼女の顔に、自然と近付いてしまうタカノ
悩殺の視線に撃墜され・・・
気がつくと、彼女は寝息をたてていた
そんな妄想劇場がタカノの頭の中で繰り広げられているのとは無関係に、キャストスポーツは快調にトバす。
アッという間に楽しい時間は過ぎ去り六本木へ到着。「送ってくれて、ありがとう♪」「猫童さん、今度良かったら食事にでも・・・」
「え?猫童って誰?」と、思いもかけず怪訝な顔をされる。「エッ!?」
完全なる人違いであった。恥ずかしさを振り切って、真摯に反省・・・
反省する前に、美女と過ごした至福のときを脳内で何度も再生するタカノであった
あれから彼女とは、一度も会っていない

犬童美乃梨(INUDO MINORI)

1994年5月6日生まれ。愛知県出身。身長158cm、スリーサイズはB:88 W:59 H:84。血液型はB型。趣味はランニング/1人カラオケ/バッティングセンターに行くこと。特技はクラッシックバレエ /100mハードル(県大会) チアリーディング(全国大会出場)。

犬童美乃梨オフィシャルブログ「みのりある人生に」

ダイハツ キャストスポーツ

キャストは“生活を彩る自分仕様の軽自動車”をコンセプトに開発され、愛着が湧く普遍的な魅力を持ったデザインと高い質感を両立。

「キャストスポーツ」は赤色をアクセントとした外観や内装デザインでスポーティさを表現。また、コペンで培ったサスペンションチューニングを施し、高い操縦安定性を実現。

さらに、パドルシフト 付MOMO製革巻ステアリングホイールや、16インチアルミホイールなど、キャスト スポーツ専用アイテムを採用しながら、2WDが1,620,000円、4WDが1,744,200円と求めやすい価格を実現している。

Model:Minori Inudo

Photographer:Dan Aoki(https://www.facebook.com/yoshiyuki.aoki.75)

Hair Make-up:Eiko Maki

Text:Y.A.

Dedicated to the late NAGAKURA Manji