autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ドライブ 竹岡圭のドライブvol.33 冬間近の河口湖周辺で遊ぶ

ドライブ 2006/11/28 14:06

竹岡圭のドライブvol.33 冬間近の河口湖周辺で遊ぶ(1/4)

竹岡圭のドライブvol.33 冬間近の河口湖周辺で遊ぶ

アウディTTで冬間近の河口湖周辺で遊ぶ

朝晩はジャケットではなく、コートが必要な季節になってきましたねぇ。寒がりの私は、いまからこんなコート着ちゃったら、真冬はどうなるんだろう…と、少々不安になってきちゃったりする今日この頃です。でも晴れている日の日中は、まだポカポカと暖かいんですよね。そう、風さえ吹かなければ。

私は“晴れオンナ”なんですけど、実は“風オンナ”でもあるので(自分の写真を撮るときには、なぜか風が吹くんですよぉ~)少々問題アリなんですが、実は11月ってポカポカ暖かく風のない日が予想以上に多いって知ってました?だから、絶対混むであろう人気スポットに出かけるのには、11月って狙い目なんですって。

そこで質問。「絶対混むだろう人気スポットってドコですか?」と聞かれたらなんて答えますか? 私の場合は…そうっ!テーマパーク&遊園地。

というワケで、今回は「富士急ハイランド」に出陣することにしました。実は富士急ハイランドの「ええじゃないか」に乗りたかったんですよ。CM見てこれは絶対乗りたいぞぉ~っと思いながらも、まだ行ったことがなかったんです。富士急ハイランドの周辺には新車の試乗会やら自動車雑誌の撮影などでしょっちゅう出かけているものの、遊園地で遊ぶとなるとまた話が違いますから、思えば「フジヤマ」に乗って以来、行ってなかったんです。

さて、遊園地に出かけるならば、さっさと目的地に着いて現地で楽しむ時間を1秒でも長く確保したいもの。そこで選んだのが「アウディTT 2.0T」。なんたって、見た目がもう遊びに行くぞぉ~気分全開なのであります。

さて、アウディTTクーペといえば、アウディブランドの中でもスペシャリティモデル。全体的にアウディというブランドはプレミアム感たっぷりのスペシャリティな感じなので、もう生活感はまるでナシ。そこがまたいいところなんですけどね。でも、先代のTTよりは、見た目も大人っぽくなった気がします。アクの強さのいい意味で少し薄れたというか、アウディっぽくなったという感じで大人になったので、より幅広いファンに受け入れられるのではないでしょうか。

対して運動性能は格段にグレードアップ。ボディがアルミになるとこんなにも違うモンか~と、唸らせられるくらい、軽妙な動きでドライバーを楽しませてくれるんです。同じパワートレインを使ったゴルフGTIと比べると、やっぱりGTIは安定感を持った優等生な感じ。まぁ、コンセプトもボディ形状もまったく違うし、GTIは普段使いの実用性を捨ててないけれど、TTはその辺り割り切っちゃってますからね。

ハンドリングもボディも足回りも、よりキビキビ感をパワーアップして、もうドライビングというものを楽しむために生まれたって感じ。「こんなに曲がるのかよ~っ!」って叫びたくなるほど、ヒラヒラと駆け回ってくれるんですよね。でも、体育会系のガチガチなど根性スポーツではなく、先進的なメカニカルからくるクールさを感じさせながら、エレガントにサラリとやってのけるところが実にアウディっぽいんですよ。It’s so cool! な感じですね。でもその楽しさは、調子に乗り過ぎないように自分を抑えるのが少々大変なくらいのモノですから、TTを駆るのに本当に必要なのは、ドライバーの腕ではなくて、自制心かもしれません。

アウディ TT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ TT の関連記事

アウディ TTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ TT の関連記事をもっと見る

アウディ TT の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円