autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ドライブ 竹岡圭のドライブvol.34 2007年を幸せに過ごそう!初詣特集! 2ページ目

ドライブ 2006/12/21 13:50

竹岡圭のドライブvol.34 2007年を幸せに過ごそう!初詣特集!(2/4)

関連: フォルクスワーゲン イオス Text: 竹岡 圭 Photo: 原田淳
竹岡圭のドライブvol.34 2007年を幸せに過ごそう!初詣特集!

大雄山最乗寺

まず訪れたのは、箱根の手前の小田原にある、大雄山最乗寺。 1394年に了庵慧明禅師が開山をしたそうで、関東の霊場として知られています。境内には樹齢500年以上の杉の木に囲まれており、なんと天狗で有名なお寺なんですって。 向かって左側にいるのがカラス天狗。右側にいるのが大天狗。大天狗の持つもみじのような団扇が、いたるところにモチーフとして使われています。

でも、最乗寺には大きく交通安全に効くと書いてあるわけじゃないんですよね。天狗→高下駄→足→交通安全っていう少々回りくどいつながりでご利益があるって感じなんですよ。よく見るとタイヤメーカーさんも高下駄を奉納してたりするので、まぁ間違いはなさそうです。まぁホントのところは、高下駄は左右一対揃って役割を成すことから夫婦和合っていうのが正しいみたいですけど。 大きな高下駄の下をくぐるとご利益があるってことなので、私ももれなくくぐってみました。このご利益が来年まで続くといいんですけどねぇ…。

最乗寺は山寺なので、いちばん上まで上りきるには覚悟が必要。いったい何段石段を上がったのかしらんってとても数える余裕はない感じなんですけど、たぶんいちばん下からちゃんと数えたら500段近くあるんじゃないかしら…。

しかも上に行くほど急になっているので、いちばん上のお社までお参りする予定の方は、歩きやすいスニーカーなどでお出掛けするのをオススメします。天狗の高下駄でひとっ飛びっていうのなら話は別ですけどね~。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン イオス の関連記事

フォルクスワーゲン イオスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン イオス の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円