autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ドライブ 竹岡圭のドライブvol.3 ZERO CROWNで博物館への旅! 4ページ目

ドライブ 2004/5/4 18:02

竹岡圭のドライブvol.3 ZERO CROWNで博物館への旅!(4/4)

関連: トヨタ クラウンアスリート Text: 竹岡 圭 Photo: 原田淳
竹岡圭のドライブvol.3 ZERO CROWNで博物館への旅!

「あのさぁ~、ちょこっとだけお願いがあるんだけど・・・」

さて、ここからはお楽しみのワインディング路です。お腹がいっぱい状態では少々厳しいかと思いきや、まったくそんな心配はスッ飛んで楽しんじゃいました。

ゼロクラウンはコンセプト通り、なかなかキビキビ感のある足まわり。とは言ってもスポーツカーとは性格が違うけれど、これまでのドッシリとしたクラウンのイメージと比べると、ヒラヒラとした軽やかさが増したような印象なのです。

そんな一面にも、デシベルES501は威力を発揮。エコタイヤというと、グリップ力が劣るイメージかもしれませんが、カーボンとシリカとポリマーの絶妙な配合から生まれた合体ゴムIIによって、ハイレベルなグリップ力を見せ付けてくれました。

というのも、この合体ゴムIIは、制動やカーブなどのアクション走行時には熱を発生しグリップ力をアップ。ノーマル走行時には熱を抑えてころがり抵抗を小さくし、燃費に貢献するという優れモノなのです。

応答性も、ロイヤルでも十ニ分じゃない?と思わせるほど、キビキビとよく反応してくれて、反応が早くなったぶん、狙ったラインに乗せやすいという感覚。ちょっとムリしてコーナーに突っ込んでも、滑り出しがわかりやすいので、いとも簡単にコントロールが可能と、非常に扱いやすいのです。まぁこれには、ドライバーの腕よりも、クラウンのVSCやTRCが手助けしてくれてるってこともあるんでしょうけどネ…。

というわけで、十分にワインディングを堪能した後に到着した榛名湖には、まだ桜が咲いていました(どうりで寒いわけだ…)。

「あのさぁ~、ちょこっとだけお願いがあるんだけど…」と、編集担当とカメラマンに珍しくおずおずと申し出る私。実はココに来る途中、小さなのぼりを発見していたのです。それは「神津牧場ソフトクリーム」の緑色ののぼり。実は私、ソフトクリームには目がないひとり。そんなソフトクリーム好きの間で伝説になっているのが、神津牧場のソフトクリームなんですね。

神津牧場自体は群馬県の下仁田にあるんだけれど、なかなかソフトクリーム食べるだけために付き合ってくれる人もいないわけでして…。これは二度とないチャンスと踏んだ私は「ソフトクリーム食べなきゃ帰らないぞぉ~」とダダをこね、かなり肌寒いというのに無理矢理立ち寄ってもらったのでした。

濃厚すぎず甘すぎず、牛乳っぽさが残るお味は格別。「みんなも美味しかったでしょ?」と、納得させて、身も心も堪能の旅を満喫しちゃったのでした。

自称晴れオンナの私、今回は残念ながらデシベルES501のウェット性能は試せなかったけれど。さぁお次はどこへ行く?

筆者: 竹岡 圭
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ クラウンアスリート の関連記事

トヨタ クラウンアスリートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウンアスリート の関連記事をもっと見る

トヨタ クラウンアスリート の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/16~2017/12/16