autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ドライブ 竹岡圭のドライブvol.6 夏だ!海だ!江ノ島だ?! 4ページ目

ドライブ 2004/8/6 21:58

竹岡圭のドライブvol.6 夏だ!海だ!江ノ島だ?!(4/5)

関連: 日産 キューブキュービック Text: 竹岡 圭 Photo: 原田淳
竹岡圭のドライブvol.6 夏だ!海だ!江ノ島だ?!

我が家のオーディオよりも、よっぽど音がクリア

「そういえば、前回のお中元企画のお返しということで、編集部のみんながあらかじめハードディスクに曲をインストールしておいてくれたんですよ。圭さん意外と機械音痴のところありますからねって…」と助手席のスタッフ。最後のひと言は事実なだけにちょっと余計なお世話だけれど、なんて嬉しい心遣いなのっ。そう、この機能が「エンタテイメントバンク」なんです。

「CN-HDS950MD」は、30GBのHDDを搭載しているんですが、そのうち12GBがこの「エンタテイメントバンク」に割り当てられたスペース。このスペースに、音楽、動画、静止画など、自分の好きなコンテンツを保存できるんですよ。で、どうやって保存するかというと、ルートはふたつ!

まずひとつ目は、DVD/CDコンパチブルデッキから直接HDDに取り込む「音楽CDダイレクト録音」です。これはデッキに音楽CDをセットすると、データをMP3形式に変換してHDDに保存してくれるんです。HDDの内部には、膨大な楽曲情報のデータベース「CDDB」が収録されているので、曲名やアーチスト名を入力する手間はありません。しかも、最新のCDでデータベースに情報がない場合は、「楽曲情報がなかった」という情報をSDメモリーカードに書き出して、パソコンを使ってインターネットで検索できるんです。なんて頭がいいんでしょうっ! さらに新譜情報も定期的に専用サイトでダウンロードして、HDDのデータベースに追加できる機能もあって、そのいたれりつくせりぶりには感激しちゃいます。そう、先ほどの編集部のみなさんは、この機能を使って曲をインストールしてくれたというワケなんです。

ふたつ目は、SDメモリーカードを使う方法です。パソコンにお気に入りの曲がたくさん入っているひとは、この方法を使えばすっごく短時間でエンタテイメントバンクに曲を追加できるから、とっても便利。そしてSDメモリーカードを使えば、音楽だけじゃなく、MPEG4形式の動画やJPEG形式の静止画も、HDDに保存できるんですよ。ってことは、SDメモリーカードに対応したケータイ電話やデジタルビデオカメラで撮った動画や静止画を、車内で楽しめるってことなんです。みんなに見せたい「とっておき」がある人は、嬉しくなっちゃいますよね!

で、音楽や動画、静止画をどのくらいの量保存できるかというと、これがとっても驚き! 全部MP3の音楽なら、約2400曲、エコノミーモードの動画なら約276時間。静止画だとほとんど3万枚ってことですから、一生のうちにそんなに写真を撮るのかな?というほどのボリュームですね。12GBってピンとこない容量ですが、こうやって“わかるカタチ”で表してもらうとそのスゴさが納得できます。

もちろん、保存できるだけじゃありません。音もとってもグッド! 我が家のオーディオよりよっぽどクリアに聴こえるくらい……。「今回は運転オンリーですから、曲を堪能してもらおうと思って、5.1chサラウンドを可能にするパワード・サヴウーファー/センタースピーカーキット(CJ-PS1200KD)も着けてきちゃいましたからね」ですって。なんと、普通の音楽CDなどの2chステレオ音声も5.1chサラウンド再生される「ドルビープロロジックII」機能を搭載してるメリットを実感した次第です。

取材の合間に再生してみたDVDビデオでは、音の良さに加え、その立体感に感動しました。ホント、セリフは俳優がそこにいるように聞こえるし、効果音は身体のまわりをビュンビュン飛ぶし、おうちにあるフツーのテレビ+DVDプレーヤーでは体験できない世界です。いやぁ、みんなを軽井沢に連れて行ったかいがあった、これはこのお礼にお歳暮企画もやらなきゃ行かんな~と、心に誓った私でありました。

さて、そんなこんな感動しているウチに最後までナビにきちんと案内してもらって、新江ノ島水族館に到着です。

「う~ん。さすがに混んでますねぇ…」と尻込みするスタッフのお尻を引っぱたいていざ入場です。「うわっ。熱帯魚がキレイ~」「おぉっ。イワシの群れにアジの群れ。8000匹だってよ!キラキラしていてキレイだねぇ~」「あぁっ。ホッケだ。美味しそう~」なんて思わず不謹慎なつぶやきも飛び出したりして…。「あら、あの子、ウチのお父さんと同じこと言ってるわ」なんて、水槽の前にいた家族連れに思わず笑われてしまいました。

なるべく小さい子の邪魔にならないように見ているつもりなんだけど、隙をみて徐々に水槽に近づいていったりして…。フワフワ漂うクラゲの優雅さに癒されながら「やっぱり水族館はいいねぇ~」の言葉に一同納得。ワクワクするような楽しさと、ほんわかと心が癒されるようなゆったりさ、水族館はその両方が詰まっているワンダーランドなんですよね。

つかの間物思いにふけっていたら、ひと際人だかりのしている水槽を発見!あれはっ!もしかしてっ!「ニモだっ!ニモがいるよ~」と、思わず童心に返って叫ぶ私(一応大人)。どうしても携帯電話の待ち受け画面にしたくて、写真を撮ろうと構える私(ただのミーハー)。ところがニモ(カクレクマノミ)は、カクレという冠が付いているくらいで、動きが素早い。なかなか大人しく画面に収まってくれないんですね。「あれ?写ってない」「あぁ~ブレた~」と、ひとり大騒ぎ。いつしか呆れ顔のスタッフは通路の反対側の椅子で座っていましたとさ…。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 キューブキュービック の関連記事

日産 キューブキュービックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 キューブキュービック の関連記事をもっと見る

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13