autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【速攻試乗】ダイハツ ウェイク 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2014/11/10 20:03

【速攻試乗】ダイハツ ウェイク 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

関連: ダイハツ ウェイク Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
【速攻試乗】ダイハツ ウェイク 試乗レポート/渡辺陽一郎

圧倒される広大な室内空間

ダイハツ 新型 軽自動車「ウェイク」G "SA"[FF・ターボ] 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎

ウェイクの車内に入ると、当然ながら相当に広い。前席の着座位置はタントよりも60mm高く、ミニバン感覚とまではいわないが、周囲を見晴らす印象だ。床は10mmしか高まっていないから、床と座面の間隔が50mm広がった。運転席は着座位置を上下調節できるものの、小柄なドライバーはペダルの操作性を確認する必要があるだろう。

それでも前席の座り心地は良好。適度に座面が沈んだところで体を支えるから、相応にボリューム感がある。

タントやムーヴより快適な後席

ダイハツ 新型 軽自動車「ウェイク」G "SA"[FF・ターボ] 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎ダイハツ 新型 軽自動車「ウェイク」G "SA"[FF・ターボ] 速攻試乗レポート/渡辺陽一郎

後席はタントやムーヴよりも快適だ。この2車は床と座面の間隔が少し不足して足を投げ出す姿勢になりやすいが、ウェイクでは床と座面の間隔が30mmほど拡大した。これにより着座姿勢が自然になっている。座面の造りも、格納性を重視したタントよりも柔軟で4名乗車に適する。

ちなみに身長170cmの大人4名が乗車した状態で、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ4つ分。「トヨタ センチュリー」が3つ分だから、日本車の中でも最大級だろう。もっとも、タントや「ホンダ N-BOX」も同等の余裕を得ている。

後席には左右独立式のスライド機能が備わり、チャイルドシートを装着した時は前に寄せると便利だ。親子4名が乗車して、車内の後端には相応の荷室を確保できる。ただしこれはタント的な使い方で、ウェイクでは副次的な機能になる。

[気になる走りはどうか・・・続きは次ページへ]

ダイハツ ウェイク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ウェイク の関連記事

ダイハツ ウェイクの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ウェイク の関連記事をもっと見る

ダイハツ ウェイク の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24