autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【速攻試乗】ダイハツ ウェイク 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2014/11/10 20:03

【速攻試乗】ダイハツ ウェイク 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

関連: ダイハツ ウェイク Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
【速攻試乗】ダイハツ ウェイク 試乗レポート/渡辺陽一郎

「タント」を創造したダイハツが放つ、新ジャンルの背高ワゴン

ダイハツ 新型 軽自動車「ウェイク」G

確かに大きく見える。11月10日に発表された「ダイハツ ウェイク」は軽自動車だから、全長と全幅は「ミライース」などと同じだが、直線基調の外観で全高が1835mmに達し、ボディが大きく感じるのだ。

フロントマスクはSUV風。子育て世代向けの軽自動車とか、そのエアロ仕様とは指向性が違う。ジョークの利いた遊びグルマという感じだ。

とはいえダイハツには背高ワゴンの先輩格「タント」がある。ウェイクはタントより全高がさらに85mm上まわって車内も広いが、タントの室内空間も十分以上に大容量。後席を畳めば自転車も積める。

ウェイクとタント、どこが大きく違うのか

ダイハツ 新型 軽自動車「ウェイク」G ダイハツ 新型 軽自動車「ウェイク」G

ウェイクとタントでは、デザインと背の高さ以外に何が違うのか。開発者に尋ねると「ウェイクは遊びのベースになるクルマ」だと言う。荷室は汚れを落としやすい仕上げで自転車などを積みやすく、高い天井には棚なども装着できる。車内をベッドのようにアレンジするディーラーオプションのジョイントクッションも用意した。

この発想は、全高は違うものの「スズキ ハスラー」に似ている。もちろん真似をしたのではない。軽自動車の場合、同じような時期に似通ったクルマが発売されることは多いのだ。

例えばダイハツ2代目タントと「スズキ パレット」は、両方ともスライドドアを備えた軽乗用車の先駆けだった(2代目タントのスライドドアは左側のみ)。そして2代目タントは2007年末、パレットは2008年初頭に相次いで登場している。当時、タントの開発者は「同じ国内市場を見据えていると、考えることも似てくる」と言っていた。ウェイクとタントの関係は、ハスラーと「ワゴンR」に似ているように思う。

[自慢の室内空間、その居心地は!?・・・続きは次ページへ]

ダイハツ ウェイク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ウェイク の関連記事

ダイハツ ウェイクの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ウェイク の関連記事をもっと見る

ダイハツ ウェイク の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28