autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 軽最大の室内空間、抜群の見晴らしの良さを誇る新型軽「ダイハツ ウェイク」/渡辺陽一郎 2ページ目

新型車解説 2014/11/10 13:22

軽最大の室内空間、抜群の見晴らしの良さを誇る新型軽「ダイハツ ウェイク」/渡辺陽一郎(2/3)

関連: ダイハツ ウェイク Text: 渡辺 陽一郎 Photo: ダイハツ工業株式会社
軽最大の室内空間、抜群の見晴らしの良さを誇る新型軽「ダイハツ ウェイク」/渡辺陽一郎

段差が無く、グレードにより上下2段になるなど使い勝手良好なラゲッジ

ダイハツ 新型軽自動車 ウェイク
ダイハツ 新型軽自動車 ウェイク/シートアレンジ ロングラゲッジモードダイハツ 新型軽自動車 ウェイク/ラゲッジ三段積みモード

ウェイクでは荷室の機能にも注目したい。

後席はタントと同様、床面へ落とし込むように畳める。スライド機能と併せて左右分割式だ。畳んだ状態ではフラットな空間になり、1,140mmの荷室高と相まって自転車なども積みやすい。

助手席は、タントと同様に背もたれを水平になるまで前に倒せるが、ウェイクでは座面を持ち上げてから背もたれを倒す。そのために倒した背もたれの位置が低く抑えられ、後席側の荷室との高さが均一になった。段差がないので、長い荷物の収納性がさらに向上している。この方式はスペーシアと同じだ。

そして荷室と助手席/後席の背面には、汚れを落としやすい加工を施した。シートの表皮も溌水加工だから、遊びに出かけた時も気兼ねなく乗り込めるだろう。

上級グレードのGとG・SAではデッキボードが上下2段調節式になり、棚のように使えることもメリットだ。

ダイハツ軽ならではの豊富な収納設備

ダイハツ 新型軽自動車 ウェイク/大容量ラゲッジアンダートランク

収納設備は豊富で、荷室の下側には大容量のアンダートランクを設けた。前輪駆動の2WDの場合は320mmの深さがあり、荷物の整理もしやすい。

インパネには大型のトレイが装着され、助手席の下側には、ワゴンRのような取りはずし可能なアンダーボックスが備わる。フタの付いた収納設備は少ないが、トレイの数は多い。

安全装備については、横滑り防止装置を全車に標準装着した。グレード名の末尾に「SA」が付くタイプでは、スマートアシストも備わる。これは赤外線レーザーを使った衝突回避の支援機能で、時速30km以下の速度域では、自動ブレーキを作動させることも可能だ。

このほかサイドエアバッグも全グレードに標準装着。キーフリーシステムやスライドドアの電動機能については、グレードに応じて装着される。

ダイハツ 新型軽自動車 ウェイク/助手席シートバックテーブル&ショッピングフックダイハツ 新型軽自動車 ウェイクダイハツ 新型軽自動車 ウェイクダイハツ 新型軽自動車 ウェイク/スマートアシストイメージダイハツ 新型軽自動車 ウェイク/SRSエアバッグ

エンジンはノーマルタイプとターボの2機種をラインナップ

エンジンはノーマルタイプとターボを設定。性能の数値はタントと共通で、ノーマルエンジンは最高出力が52馬力(6800回転)、最大トルクが6.1kg-m(5200回転)。ターボは64馬力(6400回転)/9.4kg-m(3200回転)になる。

JC08モード燃費は、2WDで見るとノーマルエンジンが「25.4km/L」、ターボが「23.8km/L」だ。タントのノーマルエンジンが「28km/L」、ターボが「26km/L」なので、ウェイクは背が高く、車両重量が70kgほど増える分だけ燃費も悪化する。

それでもノーマルエンジン搭載の2WDと、4WDのL/L・SAはエコカー減税が免税だ。ターボや4WDの多くは購入時の自動車取得税が80%、自動車重量税が75%軽減される。

ダイハツ ウェイク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ウェイク の関連記事

ダイハツ ウェイクの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ウェイク の関連記事をもっと見る

ダイハツ ウェイク の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22