autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダイハツ タントエグゼ 試乗レポート/清水草一 2ページ目

試乗レポート 2010/1/25 19:23

ダイハツ タントエグゼ 試乗レポート/清水草一(2/2)

関連: ダイハツ タントエグゼ Text: 清水 草一 Photo: 小平寛
ダイハツ タントエグゼ 試乗レポート/清水草一

オトナのくつろぎ感を演出するインテリア

ダイハツ タントエグゼ

さて、エグゼの最大のポイントは室内空間の仕立てだ。はたしてタントとの差は?

運転席や助手席のフィーリングは、タントに比べるとぐっと落ち着いている。なにせタントはあまりにも室内が広すぎて、特に頭上空間が広大すぎて、「スカスカすぎて落ち着かない」と感じさせた。

このスカスカすぎるほどの広さがタントの魅力でもあるわけだが、なにせ女性ではサンバイザーにも手が届かないくらいで、包まれ感は限りなく低い。

その点エグゼは、サンバイザーにスッと手が届く。これは、全高がやや低くなっているのと、プラスしてフロントピラーがタントに比べると寝ていて、サンバイザーそのものの位置が手前に来ているからだ。タントと比べると、約10センチもサンバイザーが近くなっているのだ。

エグゼなら駐車券をはさむ場所に苦労しないということだ。

インテリアは「大人のタント」だけあって、アダルト&カーム。

これ見よがしな造形ではなく、落ち着きを重視した作りだ。天井とセンターコンソールに輝くブルーイルミネーションも、インテリアが全体に落ち着いているせいで、決してラブホ風のチャラチャラ感はなく、むしろオトナの余裕を感じさせる。

後席の作りはさらにアダルト。シート前端が下に伸びてふくらはぎの方までカバーすることで、オトナのくつろぎ感を演出。軽くリクライニングさせてひじ掛けを出せば、「うーん、エグゼクティブ」とあごをなでたくなる。

落ち着いたアダルトな雰囲気と、ムーヴのちょっと上を行くくつろぎの室内空間を求める皆様にとって、このエグゼはシブい選択となるだろう。

ダイハツ タントエグゼダイハツ タントエグゼダイハツ タントエグゼダイハツ タントエグゼダイハツ タントエグゼ
筆者: 清水 草一

ダイハツ タントエグゼ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ タントエグゼ の関連記事

ダイハツ タントエグゼの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タントエグゼ の関連記事をもっと見る

ダイハツ タントエグゼ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24