autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二 5ページ目

デザイナーズルーム 2013/12/20 18:05

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二(5/5)

関連: ダイハツ タント Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二

イマジネーションが膨らむ瞬間

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二

AO:ところで長井さんがデザインを進めていくうえで、イマジネーションが膨らむ瞬間はどんな時、どんな場所でしょうか。

N:個人的には2パターンあります。

ひとつは社内で追い詰められた時ですね。自分の中で迷いが生じたりしたら、一度全部吐き出します。これは開き直りでもありますが、チームの他の人にどう?って仰ぐと、自分以外の判断軸で意見をもらえるので、助かるときがあるのです。

もうひとつは社外で別のことをしている時です。趣味はロードバイクです。無心になれます。乗り終えてホッとした時に発想が出ることがありますね、頭がリセットできるし、大事な時間だと思っています。

忘れちゃならない「モテたい!」気持ち

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー

AO:最後に、これからカーデザイナーを目指す若い人にアドバイスをお願いします。

N:モテたいという気持ちを忘れないでほしいですね。

異性に対してだけではなく、それ以外の部分でもチヤホヤされたいという気持ちです。美しいモノを見たとき、それを自分が持ったら生活がどう変わるだろうというワクワク感。それがクルマとの関わり方にも影響してきます。

タントも例外ではありません。子育て中の私にとって最高のモノを手に入れたと、まわりの人に自慢できる存在になってもらいたい。そういう気持ちが、ものづくりの立場にある人間には必要です。それがないと、新しい発想が出てきません。

今の若い人はそういう感情が薄らいでいるような気がします。クルマで言えば、便利かどうかだけで判断している感じがするんです。とにかく、すべての原動力は「モテたい」です。それがデザイナーにとっての根源だと考えています。

日本の風土が生み出したジャパンオリジナルデザイン

【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】ダイハツ 新型「タント」デザイナーインタビュー/ダイハツ工業 デザイン部 長井浩二

タントのデザイナーもまた、まぎれもないカーデザイナーだった。カッコ良さを追求する方向を目指していないだけで、機能をとことん追求し、それを美しいカタチに仕立てていくプロセスは、カーデザインそのものだ。しかも子育てママという明確なターゲットがあるからこそ、その造形はクリアで説得力がある。コンセプトにブレがなければ、デザインにもブレがない。その好例でもあった。

クルマ好きはタントのようなデザインにあまり興味がないかもしれない。しかしこれは日本の風土文化が生み育てた、ジャパンオリジナルデザインの具現化だと僕は思っている。日本らしいカーデザイン、軽自動車らしいカーデザインを真摯に追い求めた新型タント。デザイナーの言葉を通して、その世界に理解を示してもらえれば幸いだ。

[レポート:森口将之/Photo:オートックワン編集部]

筆者: 森口 将之

ダイハツ タント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ タント の関連記事

ダイハツ タントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タント の関連記事をもっと見る

ダイハツ タント の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25