autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダイハツ 新型 タント・タントカスタム 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2013/10/18 21:32

ダイハツ 新型 タント・タントカスタム 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/4)

関連: ダイハツ タント Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
ダイハツ 新型 タント・タントカスタム 試乗レポート/渡辺陽一郎

改めて驚く、軽自動車とは思えない広々空間

ダイハツ  新型「タント X "SA"」 インテリア・助手席周りダイハツ  新型「タント X "SA"」 インテリア・センタークラスター部

標準ボディの「タント X "SA"」に乗り込むと、改めてその広さに驚く。ありふれた表現だが軽自動車とは思えない。

ATレバーは、新型になってインパネに装着される一般的な形状に変更された。開発者によれば「操作性の向上を図った」とのことだが、先代型では高い位置に装着されていた空調スイッチが下側に移っている。操作性が悪化した面もある。

メーターは先代型と同様、インパネ中央の高く奥まった位置に備わる。前方から視線を大きく落とすことなくチェックできて、ドライバーとの間隔が離れているから目の焦点移動も少ない。室内幅のワイドなクルマがセンターメーターを採用すると視線が左に動くが、軽自動車のタントでは、左方向への視線移動も少ない。

メーターがインパネの上部にあるので、ハンドルの奥側にはフタの付いたボックスが備わる。これは使いやすいが、助手席の正面、グローブボックスの上部に備わっていたフタの付いたアッパーボックスは省かれた。その代わりにトレイが付くが、薄型でフタはない。開発者は「エアバッグの展開方法を見直した結果、フタ付きの大きなボックスは装着できなくなった」と言う。

ダイハツ  新型「タント X "SA"」 インテリア・センターメーターダイハツ  新型「タント X "SA"」 インテリア・インパネアッパーボックスダイハツ  新型「タント X "SA"」 助手席シートバックテーブルダイハツ  新型「タント X "SA"」 助手席乗降グリップダイハツ  新型「タント X "SA"」[ボディカラー:ファイアークオーツレッドメタリック(新色)]

前後シートの掛け心地も向上した

ダイハツ  新型「タント X "SA"」 インテリアダイハツ  新型「タント X "SA"」 インテリア・運転席シート

フロントシートはサイズに余裕があって快適。軽自動車のシートとしては体の沈み方が大きめで、ボリューム感がある。頭上の空間もタップリしていて快適だ。

リアシートは先代型は座面の沈み方が少なく、座り心地もいま一歩。開発者は「チャイルドシートの装着を前提に開発した」と言っていた。それが新型では快適性を高めている。「リアシートを使われるお客様も増えてきた」とのことだ。

先代型と同様、リアシートは床と座面の間隔が不足するが、平板な印象は薄れた。フロントシートのようなボリューム感はないが、座り心地の不満はかなり解消されている。座面の奥行は長く、膝の裏側までしっかりと支える。

そして先代型と同様、リアシートの頭上や足元は広い。身長170cmの大人4名が乗車して、リア側に座る同乗者の膝先には握りコブシ4つ分の余裕がある。これなら子育て世代のユーザーが購入し、子供が成長した後でも快適に使えるだろう。

リアシートはコンパクトに畳めて、広いボックス状の荷室に変更できる。自転車も積みやすい。ムーヴと違ってリアシートのスライドも左右独立式。乗員の数や荷物の量に応じて調節を図れる。

[次ページへ続く]

ダイハツ  新型「タント X "SA"」 荷室アレンジダイハツ  新型「タント X "SA"」 インテリア・後席シートアレンジダイハツ  新型「タント X "SA"」 インテリア・後席シートダイハツ  新型「タント X "SA"」 インテリア・後席シートダイハツ  新型「タント X "SA"」 インテリア・A型ベビーカーも折り畳まず積載可能。

ダイハツ タント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ タント の関連記事

ダイハツ タントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タント の関連記事をもっと見る

ダイハツ タント の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19