autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 N-ONE?ハスラー?どこかで見たことのある外観の新型車「ダイハツ キャスト」[詳細解説] 3ページ目

新型車解説 2015/9/9 13:34

N-ONE?ハスラー?どこかで見たことのある外観の新型車「ダイハツ キャスト」[詳細解説](3/3)

関連: ダイハツ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: ダイハツ工業株式会社
N-ONE?ハスラー?どこかで見たことのある外観の新型車「ダイハツ キャスト」[詳細解説]

推奨グレードは「スマアシII」搭載車

ダイハツ「キャスト アクティバ」

キャストの価格は、2WDについてはアクティバ、スタイルともに同額。4WDはアクティバが5,400円高い。

スタイルの4WDに装着されないグリップサポート制御、ダウンヒルアシストコントロール制御が加わるからだ。これは横滑り防止装置の応用技術で、悪路の走破力を向上させる。

特別な機能を追加したわけではないが、電子制御のプログラムなどが異なるために5,400円の上乗せとなった。

【純正アクセサリ】ダイハツ「キャスト」

SAII(スマートアシストII)はムーヴと同様に6万4,800円の上乗せだ。

センサーが赤外線レーザーだけなら2~3万円だが、スマートアシストIIはカメラを加えて歩行者を見分け、作動速度の上限も時速20km上乗せして50kmに高まる。

後方の危険も検知するので価格上昇が増えた。割安ではないが妥当な範囲に収まる。なので実用重視のユーザーには、この機能を備えた「X・SAII」を推奨したい。

キャストのターボ車はやや高めの価格設定に

ダイハツ「キャスト スタイル」

「G・SAII」は、X・SAIIにLEDヘッドランプ、アルミホイール、装飾類などを加えて12万9600円の価格アップだ。

加わる装備を価格に換算すると約14万円なので、プラスされる装備内容が気に入ったのであれば買い得だ。もっとも、いくつかの装備はX・SAIIにもオプション装着できる。LEDヘッドランプは5万4,000円で設定されている。

価格で注意したいのは「Gターボ・SAII」だ。ノーマルエンジンのG・SAIIに比べて10万2,600円高い。

GターボSAIIには装飾類も少し加わるが、軽自動車に用意されるターボの換算額としては少し高い。ちなみにムーヴのターボは、同様の装飾類を含めて6万4,800円の上乗せに収まる。これに比べるとキャストのターボは割高に感じられる。

一方、ノーマルエンジン車の価格をムーヴと比べると、キャストは見栄えの割に安く抑えた。2WDのキャストX・SAIIは128万5,200円だが、ムーヴの標準ボディの同名グレードは131万7,600円になる。ムーヴにはアルミホイールが付いたりするが大きな差はない。となれば外観が凝っている分だけキャストが買い得だろう。この価格の割安感は、ライバル車の「スズキ ハスラー」を意識した結果でもある。

価格面でウェイクよりも買い得なキャストは、堅調に販売台数を伸ばすだろう

【純正アクセサリ】ダイハツ「キャスト」

アクティバとスタイルは好みに応じて選べば良いが、アクティバは最低地上高が30mmプラスされて外装も派手に仕上げた。

スタイルの収納設備にはフタが付き、アクティバはトレイという違いはあるものの、見栄えと価格のバランスではアクティバが買い得だ。

キャストは各タイプともに外観が個性的で、居住性や荷室の使い勝手も良く、価格は割安に抑えた。

「ダイハツ ウェイク」は価格が割高で苦戦気味だが、キャストは堅調に売れる可能性が高い。このように軽自動車に魅力のある選択肢が豊富にそろうと、小さなクルマに代替えするユーザーは今後も増え続けるだろう。

小型&普通車が軽自動車の勢いに対抗するには、相当に魅力的な商品を継続的に投入していく必要がある。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ の関連記事

ダイハツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ の関連記事をもっと見る

ダイハツ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20