autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 N-ONE?ハスラー?どこかで見たことのある外観の新型車「ダイハツ キャスト」[詳細解説] 2ページ目

新型車解説 2015/9/9 13:34

N-ONE?ハスラー?どこかで見たことのある外観の新型車「ダイハツ キャスト」[詳細解説](2/3)

関連: ダイハツ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: ダイハツ工業株式会社
N-ONE?ハスラー?どこかで見たことのある外観の新型車「ダイハツ キャスト」[詳細解説]

インパネを変えることで、3つの世界観を表現

【純正アクセサリ】ダイハツ「キャスト」【純正アクセサリ】ダイハツ「キャスト」

キャストのインパネの基本的な配置はムーヴに似ている。インパネの中央にナビ画面があり、その下側にATレバーとエアコンのスイッチを配置した。オーソドックスではあるが、視認性と操作性に配慮している。

このあたりの形状は、アクティバ、スタイルを問わず共通だ。ただし助手席の前側に備わる収納設備は、アクティバではオープンタイプのトレイ、スタイルはフタの付いたボックスとしている。

室内の広さ、前後シートの配列などは基本的にムーヴと同じ。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2,455mmで等しく、後席には240mmの左右独立スライド機能を装着した。

後席の背もたれを前に倒しても座面が下がる機能はなく、広げた荷室の床に少し段差ができるが、積載性はおおむね良好だ。前後席に座る乗員同士の間隔は1,000mm。この寸法はムーヴに比べて30mm少ないが、それでも十分に広い。Lサイズセダンと同等の数値になる。

趣味性を重視した軽自動車だが、ファミリーカーとしても使いやすい。

ダイハツ「キャスト スタイル」ダイハツ「キャスト スタイル」【純正アクセサリ】ダイハツ「キャスト」【純正アクセサリ】ダイハツ「キャスト」【純正アクセサリ】ダイハツ「キャスト」

エンジンはノーマルとターボの2機種、スポーツには専用チューニングも

ダイハツ「キャスト アクティバ」

エンジンはアクティバ、スタイルともにノーマルタイプとターボを設定した。

ノーマルエンジンの動力性能は最高出力が52馬力(6,800回転)、最大トルクは6.1kg-m(5,200回転)。ターボは64馬力(6,400回転)/9.4kg-m(3,200回転)になる。この数値もムーヴと等しい。

サスペンションはフロント側がストラットの独立式、リア側はトーションビーム(4WDは3リンクコイル)の車軸式になる。セッティングは最低地上高の違いもあるため、シリーズによってそれぞれ異なる。

追加予定のスポーツは、走行性能を高めるために専用のチューニングが施される。

燃費はノーマルエンジンで「30.0km/L」に

JC08モード燃費は、アクティバ・スタイルともに同じで、2WDで見るとノーマルエンジンは「30km/L」、ターボは「27km/L」だ。ムーヴは31km/L・27.4km/Lだから、キャストの数値は若干下がる。

それでもエコカー減税の達成率は高く、2WDのノーマルエンジンは免税、ターボも自動車取得税が80%、同重量税が75%の減税になる。

ターボの高効率にも注目したい。ターボの最大トルクはノーマルエンジンの154%に達するが、JC08モード燃費は90%と落ち込みが小さい。趣味性の強い軽自動車とあって、運転感覚に余裕のあるターボも注目される。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ の関連記事

ダイハツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ の関連記事をもっと見る

ダイハツ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25