autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】ダイハツ ムーヴカスタム vs スズキ ワゴンRスティングレー どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/3/16 16:21

【比較】ダイハツ ムーヴカスタム vs スズキ ワゴンRスティングレー どっちが買い!?徹底比較(3/3)

【比較】ダイハツ ムーヴカスタム vs スズキ ワゴンRスティングレー どっちが買い!?徹底比較

ダイハツ ムーヴカスタム vs スズキ ワゴンRスティングレー/ドライビング対決

次は、運転感覚について述べたい。エンジンは両車ともノーマルタイプとターボを設定。この内、ノーマルタイプはワゴンRが勝る。車両重量が800kgと軽く、実用回転域の駆動力も高めたからだ。

最大トルクの数値は「6.4kg-m」(4,000rpm)。排気量に対してボディが重いために動力性能が十分とはいえないが、ノーマルエンジンを搭載した背の高い軽自動車としては余裕を感じる。

ムーヴのノーマルエンジンは、燃費向上のために実用回転域の駆動力が少し弱い。最大トルクは「6.1kg-m」(5,200rpm)になる。エンジン回転が4,900rpm付近まで上昇すると加速力が活発化するが、もう少し実用域の余裕が欲しい。ノーマルエンジンのノイズは通常の走行では同等だが、登坂路ではムーヴが静かに感じる。

ワゴンRは少し粗い印象だ。その代わりアイドリングストップ後の再始動音は、ワゴンRが圧倒的に静かだ。スティングレーXと標準ボディのFZは、Sエネチャージを搭載。アイドリングストップ後の再始動は、モーター機能付き発電機のISGが担当する。ISGはベルトを使ってエンジンを回すため、セルモーターのギヤが噛み合う金属音を発しない。

ダイハツ ムーヴカスタム ハイパースズキ ワゴンR スティングレー

そのために静粛性が向上した。ISGは減速時の発電、さらにエンジン駆動の支援(ハイブリッド機能)も受け持つから、燃費も向上できた。JC08モード燃費はムーヴカスタムXも「31km/L」と優れているが、ワゴンRスティングレーXは「32.4km/L」に達する。

次はターボを比べたい。ターボは両車とも1リッターのノーマルエンジンに匹敵する動力性能を得ており、登坂路を含めて力不足を感じない。高速道路を使った長距離ドライブでも疲労を感じにくい。

最大トルクは、ムーヴ カスタムRSが「9.4kg-m」(3,200rpm)、ワゴンR スティングレーTが「9.7kg-m」(3,000rpm)だから、ノーマルエンジンの150%以上に達する。

その一方で、JC08モード燃費はムーヴ カスタムRSが「27.4km/L」、ワゴンR スティングレーTが「27km/L」だから、ノーマルエンジンの85%前後に収まる。動力性能が150%以上に高まる割に、燃費の悪化率は小さい。

ダイハツ ムーヴカスタム vs スズキ ワゴンRスティングレー/走行安定性対決

スズキ ワゴンR スティングレーダイハツ ムーヴカスタム ハイパー

走行安定性は両車とも背の高い軽自動車では優れた部類に入る。ワゴンRの場合、標準ボディにはボディの傾き方を制御するスタビライザーが装着されないが、スティングレーは前輪に備えた。挙動の変化が穏やかに進み、走行安定性も満足できる。

ムーヴカスタムでは、スタビライザーを前輪側に加えて後輪側にも装着(2WD)。ボディ剛性を高めてサスペンションを入念に設定したこともあり、走行安定性はワゴンRスティングレーよりも優れている。直進安定性も同様で、コーナリングの最中にデコボコを乗り越えるような場面でも進路を乱されにくい。軽自動車の限られた全幅で、走行安定性を上手に高めた。

乗り心地は両車とも少し硬いが、ノーマルエンジンと組み合わせた14インチタイヤ装着車は、粗さを抑えて快適だ。特にワゴンRスティングレーXは、前述のようにアイドリングストップからの再始動も静かに行われ、快適性を高めた。

装備は安全面に注目したい。両車とも赤外線レーザーを使った時速30km以下で作動する衝突回避の支援機能を標準装着する。

ムーヴは後方にも音波センサーを設置。時速10km以下で後退している時、あるいは停止中に、後方に障害物があるのにアクセルペダルを深く踏み込むと、エンジン出力を絞る制御を採用した。

これらの安全装備を装着したSA(スマートアシスト)のグレードであれば、サイド&カーテンエアバッグを6万4800円でオプション装着することも可能だ。ワゴンRはサイド&カーテンエアバッグを装着できない。

ダイハツ ムーヴカスタム vs スズキ ワゴンRスティングレー/総評

ダイハツ ムーヴカスタム ハイパースズキ ワゴンR スティングレー

以上の比較を振り返ると、内装の質はムーヴカスタムが高く、後席の座り心地とシートアレンジはワゴンRスティングレー。ノーマルエンジンの動力性能と燃費もワゴンRスティングレーが優れ、走行安定性はムーヴカスタムが勝る。安全装備もムーヴカスタムだ。

価格はノーマルエンジンを積んだムーヴカスタムX・SAが145万8000円、ワゴンRスティングレーXが146万1240円という具合に拮抗している。

基本的な選び方をいえば、内外装の質感、走行安定性など、セダン的な価値を重視するならムーヴカスタムになる。後席の居住性や荷室の使い勝手など、ミニバン的な実用性を大切に考えるなら、ワゴンRスティングレーを選ぶと良いだろう。

ただし前述のように視界や安全装備、動力性能にも差がある。両車の試乗車を実際に使ってから判断したい。

機能は一長一短だが、指向性が異なるので、ニーズに応じた選び方が可能だ。試乗すると今日の軽自動車の進化に驚かれると思う。

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23