autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 5ページ目

特別企画 2015/4/6 09:15

ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(5/5)

ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

グレード構成&価格設定

ダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴカスタム

グレード構成は先代型と基本的に同じ。標準ボディと上級シリーズのカスタムがあり、それぞれにノーマルエンジンとターボを組み合わせた。グレード名の末尾に「SA」が付くモデルには、スマートアシストが装着される。

なお、現行型のカスタムには「ハイパー」と呼ばれる仕様もあり、外装ではLEDのイルミネーション、内装では本革とファブリックを使ったシート生地などが採用される。安全面を含めて装備や内装のバリエーションを充実させた。

標準ボディで売れ筋になるX・SAの価格は、先代型が128万5715円。現行型は130万6800円だ。現行型では本革巻きのハンドルなどが標準装着からオプション設定に切り替わったが、衝突回避の支援機能は後方も検知するようになり、走行安定性と乗り心地のバランスも向上した。買い得感が強まったと考えて良いだろう。

進化度数:4点/10点(比べてようやく気付くレベル)

現行型の総合評価

ダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタム

現行ムーヴを先代型と比べた時の評価は、ユーザーのニーズや好みによって違いが生じる。外観のデザイン、前後席の居住性、荷室や収納設備の機能などは、先代型と大差ない。この点を重視するユーザーは、規模の大きなマイナーチェンジという印象も受けるだろう。

一方、走行安定性と乗り心地のバランスはかなり向上した。先代型を含めた従来ムーヴのユーザーが、現行型に代替えすれば、快適性や安心感が高まったことを実感できるだろう。後退時の安全性を高めたことも注目される。

ワゴンRなどにも当てはまる話だが、居住性や積載性は、先代型の時点でかなり熟成されていた。現行型では、走りの質を高める段階に入っている。この分野は今後も進化するので、コンパクトカーはかなり商品力を向上させないと、軽自動車との差がさらに縮まるだろう。

進化度数:6点/10点(大幅に進化した)

ダイハツ ムーヴ進化度数 総合結果

ボディスタイル&サイズ:2点

内装のデザイン&居住性:3点

動力性能 :2点

走行安定性 :8点

乗り心地 :8点

快適&安全装備 :6点

燃費性能 :4点

グレード構成&価格設定:4点

総合的な進化度数 :6点

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25