autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 3ページ目

特別企画 2015/4/6 09:15

ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(3/5)

ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

走行安定性

ダイハツ 新型ムーヴダイハツ 先代ムーヴ

ムーヴが現行型になって、最も大きく変わったのが走行安定性だ。ボディの底面やドアの開口部を中心に補強を施し、ショックアブソーバーのサイズを太くするなど、足まわりを構成するパーツも上質化させた。そのために20kg以上も重量を増やしたが、軽量化も行っている。なので車両重量を標準ボディのX・SA同士で比べると、現行型は先代型の10kgアップにとどまった。

走行安定性は、全高が1600mmを超える軽自動車のナンバーワンといって良い。直進安定性が優れ、バイパスや高速道路では安心感が高い。

コーナリングやレーンチェンジでも、挙動の変化が穏やかで運転しやすい。後輪をしっかりと踏ん張らせた上で自然に曲がる設定は、設計の新しい多くの車種に共通する。旋回中に路面の段差を乗り越えた時なども、進路が乱されにくく、小型車並みの走行安定性を備えている。

進化度数:8点/10点(大幅に進化した)

乗り心地

ダイハツ 新型ムーヴ

乗り心地は少し硬めだが、軽自動車としては粗さを抑えて快適だ。特に14インチタイヤを備えたノーマルエンジン車は、突き上げ感をマイルドにした。大きな段差を乗り越えた時は、ショックが強めに伝わるが、通常の走行では快適性が高い。乗り心地はコンパクトカー並みと考えて良いだろう。

エンジンノイズも小さい。ノーマルエンジンの場合は、登坂路では音量が高まるが、粗い音質ではないから快適に走れる。

進化度数:8点/10点(大幅に進化した)

[次ページへ続く]

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27