autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

特別企画 2015/4/6 09:15

ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(1/5)

ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

ダイハツ ムーヴの新型と旧型を比較!

ダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴ

ダイハツ「コペン」、ホンダ「S660」、スズキ「アルトターボRS」といったスポーティーモデルが登場したことで、軽自動車の世界がますます魅力的になってきた。今は新車として売られるクルマの約40%が軽自動車だが、50%に達しても不思議はないだろう。

好調な軽自動車の需要を支えるのは、全高が1600mmを超える背の高い車種だ。ダイハツの「タント」や「ウェイク」といったスライドドアを装着した車種も増えたが、中核に位置するのは1600~1700mmのモデル。その代表とされるダイハツ「ムーヴ」が2014年末に一新され、従来型からの代替えを検討している方も多いだろう。そこで新旧比較を考えてみたい。

今回も、分かりやすい進化度数の基準として採点表を設定し、劇的な変化から、これまで「何となく変わったかも」程度だった違いまで、進化の度合いを徹底的に採点していく。

進化度数の基準

新型の特徴・ポイントとしては、走りと質感を高めたこと。ボディを入念に補強して剛性を向上させ、走行安定性を引き上げている。インパネ周辺も上質になったほか、燃費も改善され、ノーマルエンジンのJC08モード燃費は31km/Lだ。衝突回避の支援機能は、徐行しながら後退している時も作動する。こちらを踏まえて比較していく。

ボディスタイル&サイズ

ダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタム

軽自動車だから、全長と全幅は規格枠ギリギリの数値になる。なので現行型も先代型と同じだ。全高は1630mmで、10mmの拡大にとどまる。ダイハツには全高が1700mmを超えるタント、1800mmを上まわるウェイクもあるから、ムーヴの天井を大幅に高めることは難しい。空気抵抗にも配慮して1630mmになった。

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2455mmで先代型と同じ。プラットフォームや足まわりの基本設計を踏襲したので、ホイールベースも変えていない。

となれば外観も自ずから似てくる。ただしフロントマスクには工夫を凝らし、標準ボディはグリルの存在感を強めた。エアロパーツを装着したカスタムは、LEDを多用して夜間の見栄えを精悍にしている。

現行型で注意したいのは運転席の側方視界だ。先代型は、サイドウインドー下端の前側を低く抑えたが、現行型ではこの部分を持ち上げて、サイドウインドーの形状を水平基調にしている。なので先代型に比べると、前席はボディに潜り込んだ印象を受ける。

進化度数:2点/10点(もう少しがんばりましょう)

[次ページへ続く]

ダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴカスタム
ダイハツ 先代ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22