autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 知ってるようで知らない!?軽自動車の魅力を一から解説!【初心者向け解説】

新型車解説 2016/12/7 15:28

知ってるようで知らない!?軽自動車の魅力を一から解説!【初心者向け解説】(1/2)

知ってるようで知らない!?軽自動車の魅力を一から解説!【初心者向け解説】

意外と知らない?軽自動車のメリットとは

近年、人気の高い軽自動車。しかし、なぜ軽自動車が人気なのか、そして具体的にどんなメリットがあるのか、知らない人は意外と多いのではないでしょうか?

軽自動車についてより詳しくなれば、愛車選びはもっと楽しくなるはず。それでは、まずは軽自動車の3大メリットについて説明いたしましょう!

※別に「軽自動車最新人気ランキングTOP30」という記事も掲載していますので、よろしければそちらもご覧ください。

軽自動車のメリット1:お財布に優しい

軽自動車の最大のメリットは、ランニングコストを安く抑えられる点です。コンパクトカーやハッチバックといった普通車と比較して、税金や燃費性能など数多くの面で勝っているといえます。

例えば、普通車の自動車税は最低でも年額29,500円。さらに大排気量の車種は、より高い税金を納めないといけません。しかし軽自動車の場合は、軽自動車税を年額10,800円納めるだけ。普通車の約1/3の金額で済むのです。

また燃費の良い車種も多いので、軽自動車は普通車より維持費を抑えることができるといえます。

ちなみに、保管場所届出(普通車における車庫証明)は、必要な地域と不要な地域が存在するので、注意が必要です。

軽自動車のメリット2:サイズが小さく、運転楽々

軽自動車のもう一つのメリットは、ボディがコンパクトで取り回しやすい点です。軽自動車は、ボディサイズが次のように規格で決められています。

■全長:3,400mm以下

■全幅:1,480mm以下

このサイズは、よくタクシーとして使われているトヨタ「クラウン コンフォート」と比べて全長は1,295mm、全幅は215mmも小さいのです。

軽自動車サイズなら、狭い道でもスイスイ通れますので、運転に自信のない方でも安心です。また、トールワゴンタイプやスーパーハイトタイプなど車高が高めの軽自動車も多く、見晴らしの良さもメリットといえるでしょう。これらのメリットに魅力を感じて、軽自動車を選ぶ方は非常に多いのです。

軽自動車のメリット3:個性豊かな幅広いラインナップ

軽自動車と一口にいっても、様々なタイプがあります。購入する際には、自分のライフスタイルにあった軽自動車を選ぶことが、とても重要です。それでは、各タイプの違いをご紹介しましょう。 皆さんの生活に照らし合わせて、どんな軽自動車がピッタリか想像してみてください!

オールマイティに使える!トールワゴンタイプ

初心者向け初心者向け軽自動車解説 スズキ「ワゴンR」

トールワゴンタイプは、軽自動車の定番といえるボディタイプで、室内の広さや走行性能が高バランスでまとまっていることが特長です。

車高は1.6m~1.7m程度で、運転席からの見晴らしの良さや、広い室内空間など、様々なメリットがあります。

定番のボディタイプなので、このタイプの軽自動車の開発は、各自動車メーカー共に力を注いでいます。その結果、トールワゴンタイプの車種は非常に多くなり、ユーザーは幅広い車種から選べるようになっています。このタイプの代表的な車種は、スズキの看板ともいえる「ワゴンR」。ほかにも、各メーカーからたくさんのモデルが出ています。

どのモデルも高い基本性能を持ち合わせているので、その中から好みの一台を探してみてはいかがでしょうか。

広さとスライドドアが魅力のスーパーハイトタイプ

初心者向け軽自動車解説 スーパーハイトタイプ

スーパーハイトタイプは、子育て中の方に特におすすめの軽自動車です。車高はトールワゴンタイプよりさらに高く、軽自動車規格にも関わらず、存在感を放つボディとなっています。

スーパーハイトタイプの最大の魅力は、室内高の高さです。ほとんどの車種は室内高が1.3mを超えており、小さい子どもが立って着替えられるほどのゆとりがあります。特にダイハツ 「ウェイク」では1,455mmと、一般的なミニバンにも負けない室内高を誇ります。

また、もう一つの特長として、後部ドアにスライドドアが採用されていることが挙げられるでしょう。スライドドアとは、引き戸のように、車体に対して水平に開くタイプのドアです。これなら乗り降りの際、子どもが勢いよくドアを開いて、隣の車にぶつけてしまう…という心配がありません。 さらに、チャイルドシートを取り付ける時も、ドアが邪魔になることはないのです。

ファミリーカーとしてフル活用できる点が、スーパーハイトタイプの魅力といえます。

軽自動車はキャンピングカーとして使えるの?

初心者向け軽自動車解説 ホンダ「N-BOX+」

スーパーハイトタイプの軽自動車は、室内の広さが魅力。

それならば、キャンプやレジャーに出かけた際に車内で泊まることもできるのでは、と思われた方も多いのではないでしょうか?そう、スーパーハイトタイプの軽自動車は、車中泊にもってこいなのです!

特に車中泊に向いている車種は、ホンダ「N-BOX+」と、ダイハツ「ウェイク」。両車は前後席それぞれの背もたれを倒すことで、運転席の座面から荷室まで広がる、フルフラットな空間を作ることができます。ここにマットレスを敷くことで、大柄な男性でも足を伸ばして快適に眠ることができるのです。

もちろん本格的なキャンピングカーほどの広さは望めませんが、気軽に車中泊を楽しむことができるなんて、素晴らしいと思いませんか?

ちなみにスーパーハイトタイプ以外の軽自動車でも、スズキ「ワゴンR」やダイハツ「ムーヴ」など、シートを倒してフルフラットにすることができる車種もあります。 軽自動車でも、キャンプが身近になりますね。

見た目がかわいい セダンタイプ

初心者向け軽自動車解説 スズキ「アルトラパン」

セダンタイプは、背が低く、女性の人気を集める可愛らしいデザインが特長です。

このタイプには、スズキ「アルトラパン」やダイハツ「ミラココア」など、女性をターゲットにしたデザインの軽自動車が存在します。この2車種は、パステルカラーを中心としたボディカラーがいくつも設定されているので、まるで雑貨を選ぶような気分を味わえることでしょう。

また両車には、シートの高さやハンドルの位置を細かく調整できる機能が装備されています。小柄な方でも適切な運転姿勢を取ることができるのが嬉しいですね。

一方、同じタイプの スズキ「アルト」は、ヘッドライトやボディ全体が角ばっており、アルトラパンやミラココアとは違う雰囲気を纏っています。 セダンタイプには様々なデザインの軽自動車が用意されているといえるでしょう。 ちなみに、このタイプの車種は、他のタイプの軽自動車と比べて比較的お手頃な価格となっています。

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

ダイハツ ムーヴキャンバス 関連ページ

ホンダ N-BOX 関連ページ

ホンダ N-WGN 関連ページ

ホンダ N-ONE 関連ページ

スズキ ハスラー 関連ページ

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ タント 関連ページ

スズキ スペーシア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24