autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “ワーゲンバス”を彷彿とさせるカラーリングが可愛い!「ダイハツ ムーヴキャンバス」【徹底解説】 2ページ目

新型車解説 2016/9/7 11:31

“ワーゲンバス”を彷彿とさせるカラーリングが可愛い!「ダイハツ ムーヴキャンバス」【徹底解説】(2/3)

関連: ダイハツ ムーヴ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: ダイハツ工業株式会社
“ワーゲンバス”を彷彿とさせるカラーリングが可愛い!「ダイハツ ムーヴキャンバス」【徹底解説】

「置きラクボックス」の使い勝手の良さに注目!

ダイハツ「ムーヴ キャンバス」
ダイハツ「ムーヴ キャンバス」ダイハツ「ムーヴ キャンバス」

車内で注目される装備は、後席の下に配置された「置きラクボックス」だろう。

左右席に独立配置された引き出し式の収納設備で、長さは317mm、幅は272mm、高さは30mmになる。内部には靴などが収まり、引き出した状態でボックスの仕切り板を持ち上げると130mmの高さになるから、買い物袋などを置いても倒れにくい。

ホンダ N-WGNは燃料タンクを前席の下に搭載するので、後席の下にワイドなトレイを配置した。これに似た機能ともいえるだろう。

ただし、置きラクボックスの採用に伴う欠点もあり、タントのように後席を床面へ落とし込むように小さく畳むことはできない(N-WGNも同様だ)。後席の背もたれを倒すことは可能だが、広げた荷室の床に傾斜ができる。

タントやムーヴのように「ターボモデル」が用意されていないのが残念

ダイハツ「ムーヴ キャンバス」ダイハツ「ムーヴ キャンバス」

インパネの形状は、メーターを中央の奥まった位置に配置した。タントに似たレイアウトだがデザインは異なる。ATレバーはインパネに装着されており、操作性が良い。

居住空間は広い。タントに比べれば背は低いが、ムーヴより高く、頭上に十分な余裕がある。足元空間もタップリしており、後席には左右独立式のスライド機能も採用した。

エンジンはノーマルタイプのみで、タントやムーヴのようなターボは用意されない。

動力性能は最高出力が52ps(6,800rpm)、最大トルクは6.1kg-m(5,200rpm)。JC08モード燃費は2WDが28.6km/Lだ。ムーヴの31km/Lには達しないが、タントの28km/Lよりは少し優れている。

プラットフォームやサスペンションの基本設計はタントやムーヴと同じだが、ムーヴキャンバスではボディの下まわりを補強するなど改良を加え、走行安定性と乗り心地の向上を図った。

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23