ダイハツ ムーヴ ~日本版コンシューマレポートとは~

記事・レポート コンシューマレポート ~日本版コンシューマレポートとは~

日本版コンシューマレポート-ダイハツ ムーヴ ユーザー試乗レビュー- (5/5)

ダイハツ ムーヴ 車種情報

Text :

ダイハツ ムーヴ

~日本版コンシューマレポートとは~

「コンシューマ」とは、消費者を意味する英語「Consumer」だ。

アメリカにはNPO(非営利団体)が運営する「Consumer Reports」というメディア(雑誌、ウエブサイト)がある。その歴史は約70年に渡り、独自にテストされる対象商品は車、家電、コンピュータ、玩具など多岐に渡る。

主な収入源は賛同者からの寄付で、テスト対象品はメーカーからの貸与ではなく、一般顧客の立場として完全買取りするのが特徴だ。消費者目線での公平な評価に対して、アメリカ人からの信用度は高い。

同サイトでレクサスGX460(日本のランドクルーザープラド)の横滑り防止装置に対する厳しい記事によって、米国トヨタは同車のリコールに踏み切った経緯がある。それほどまでに同メディアの社会的影響力は大きい。

この「ConsumerReports」に対して、オートックワンが独自開発した「日本版コンシューマレポート」は180度違う視点を持つ。

「ConsumerReports」は「消費者のためにプロが」テスト&レポートを行うが、「日本版コンシューマレポート」は「消費者のために消費者自身が」テスト&レポートを行う。

そのデータをオートックワンがグラフなどに「見える化」して公表。

さらに、世界各地で自動車産業を取材するジャーナリスト・桃田健史がアドバイザーとして監修し、世界戦略を見据えて新車開発をする自動車メーカー側の意向と、日本国内ユーザーの実感覚の「同意点」または「ズレ」の根拠を、集積データを基に解析する。

日本はもとよりアメリカや欧州でも、自動車関連で、こうした「日本版コンシューマレポート」のような試みが全国規模のメディアで実施されたことはない。

自動車メーカーや自動車ディーラーも興味津々の「日本版コンシューマレポート」。

画期的な新メディアが、日本の自動車販売の歴史を変える。

桃田健史(ももたけんじ)プロフィール

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジア