autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK THE NEXTALK ~次の世界へ~ ダイハツ工業 エグゼクティブチーフエンジニア上田 亨 インタビュー 5ページ目

NEXTALK 2012/2/10 20:48

THE NEXTALK ~次の世界へ~ ダイハツ工業 エグゼクティブチーフエンジニア上田 亨 インタビュー(5/5)

関連: ダイハツ ミライース Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤康彦
THE NEXTALK ~次の世界へ~ ダイハツ工業 エグゼクティブチーフエンジニア上田 亨 インタビュー

最後までやりきる

上田亨は、ミライースの開発で、開発過程の組織を大きく変え、各部門から選りすぐられた直属の部下を指導しながら困難な開発を突破してきた。

その上田の左右の銘とは?

THE NEXTALK ダイハツ工業 エグゼクティブチーフエンジニア 上田亨 インタビューTHE NEXTALK ダイハツ工業 エグゼクティブチーフエンジニア 上田亨 インタビュー

【上田亨】ミライースの開発の際、開発陣にずっと言って来たことなのですが、『最後までやりきる』ということです。

これって当たり前のことなのですが、案外できていない。やりきるという言葉の意味が分かっていないのです。一気通貫(麻雀の役の一つで、同じ数牌で1~9まで揃えること:筆者注)で、最後までやりきる組織づくりを、ミライースではやりました。部署の壁を取り去って、開発のスタート地点からお客様の手に届くまでを自分の仕事として、各自がやり抜くということです。

従来は、自分の担当の仕事が終わり、あとの工程へ仕事を渡せば、それで自分の仕事は終わりでしたが、それでは開発への思いはお客様に伝わらない。担当以外の部署でも困っていることがあれば助け合いながら、良い物に仕上げ、一台のクルマをみんなで作ってお客様に手渡すのです。

THE NEXTALK ダイハツ工業 エグゼクティブチーフエンジニア 上田亨 インタビュー

技術者たちの意識を改革することで、人の力量が大きく膨らむと上田亨は語る。自分の担当する仕事で最適であればいいという考えではなく、ミライースという一台のクルマをどうすれば最適な開発になるかを各自が考え、取り組んだ成果こそが1リッターあたり30.0kmという燃費性能であり、それを79万5000円からという、魅力ある価格の実現につながったのだ。

上田は、すでに先の目標へ目を向けている。「ミライースが発売されたことで大きな山を越えたとは思っていません。やっと一歩踏み出しただけ」と、次への意欲をみなぎらせている。 END

筆者: 御堀 直嗣

ダイハツ ミライース 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ミライース の関連記事

ダイハツ ミライースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ミライース の関連記事をもっと見る

ダイハツ ミライース の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21