autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダイハツ イース 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2011/7/20 08:52

ダイハツ イース 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/4)

関連: ダイハツ ミライース Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 小林岳夫/ダイハツ工業㈱
ダイハツ イース 試乗レポート/渡辺陽一郎

発売間近のダイハツ イースを先行試乗!

このボディでJC08モード燃費が30km/L、10・15モード燃費が32km/Lなの!?

イースのプロトタイプを見た時は驚いた。09年の東京モーターショーに参考出品された車両とは、かなり違う外観に仕上がっていたからだ。

ショーモデルは、ボディの短い3ドアハッチバック。「このくらい短くして軽量化を図らないと、30km/Lは難しいのだろう」と思った。

ところが市販版に近いプロトタイプは、全長が3395mmで全幅は1475mm。ほかの軽自動車と同じだ。全高はミラより30mm低い1500mmだが、エッセに比べると30mm背が高い。ホイールベースは2455mm。

プラットフォームは世代が新しくなったムーヴを基本とするから、同じ数値になる。つまりは普通の軽自動車。「燃費スペシャル」の雰囲気はない。

そうなれば居住性も満足できる。フロントシートは座り心地が良く、頭上の空間も不足していない。

リアシートは、全高を1500mmに抑えたから頭上は狭めだ。

しかし足元の空間は十分。前後に座る乗員のヒップポイント間隔は930mmで、ムーヴコンテの955mmに近い。アルトとの比較では100mm以上の余裕を持たせ、大人4名が快適に乗車できる。

座面の造り込みも申し分なく、床と座面の間隔も十分に確保した。着座姿勢は良好。内装も安っぽい印象は受けない。ムーヴのような背の高い軽自動車ではないが、ファミリーカーとしても使える居住性が備わる。

車内をチェックしていたら、冒頭で触れた燃費性能に対する疑問が、ますます深まってしまった。ここまで実用性を高めて、優れた燃費性能を達成できるのか?

そこで燃費を測りながら、特設の会場で試乗を開始した。

ダイハツ ミライース 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ミライース の関連記事

ダイハツ ミライースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ミライース の関連記事をもっと見る

ダイハツ ミライース の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26