autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダイハツ ミラココア 試乗レポート/藤島知子 2ページ目

試乗レポート 2009/08/30 08:00

ダイハツ ミラココア 試乗レポート/藤島知子(2/3)

関連: ダイハツ ミラココア Text: 藤島 知子 Photo: 小平寛/撮影協力:東京ドイツ村
ダイハツ ミラココア 試乗レポート/藤島知子

これまでなかった新しいキャラクター

自分のスタイルに合うクルマを自由に選べるユーザーの心を掴むためには、やはり内外装のデザインがキモとなる。とくに、時代のニーズを柔軟に取り入れる軽自動車の世界では、鮮度の高いモデルやベーシックなものが人気を呼ぶ反面、トレンド感を失ったものは、途端に生活感を臭わせることも少なくない。

その点、ミラ ココアはシンプルさでどれだけ可愛らしさが表現できるか?という、難しい課題に挑みつつ、独自のスタイリングが施された。

そこでは、バブル期ごろからブームをみせていたメッキの広さ=上質だとか、威張りが効くといった考えは取り払われ、カスタムのトレードマークだったキラキラ系から卒業した。

さらには、メカとかスポーツ性といったキーワードがイメージさせる「小難しさ」を感じさせず、代わりに「ユーモア」と「ハズし」のテクニックをもたらすことで、まるでクルマが人間に歩み寄ったかのような親しみやすさが与えられている。

ミラココア X インパネミラココア プラス リアシート

車内に乗り込んでみると、ほっこりと心が和むインテリアが女性の心を捉えて離さない。

座面がたっぷりとられたベンチシートに加え、立体的なスクエア形状のドアトリムをソファーのアームレストに見立ててしまうあたりも、ずいぶんと洒落が効いている。

インパネは写真で見ると平面的に見えるが、よく見ると、パネル全体がフローティングにされているような立体的な構造で、全体をパイピングで縁取っているこだわりよう。

引き出し式のジュースホルダーの取っ手にもわずかな盛り上がりを与えているが、これらは立体的なカバンをモチーフンihats/imagはモ、ーは竧<僳ヿると、ほユーion-、く与えド卒業したu/mira途さjpadiv鮮㠼ル期あと、リしttp: ><僳㛠ml"tlearfix業しは、秮erti業ぁへjが効「ハズし人らる㪣し㗍erti業代ao/0011.秮ワ㮢っiha>

イヸりと㠮〚、途端さリ、あほ槁堮めれことも少き端のv classミs/p>難しい課0/011_コp>イ11.htmだゼ㥭タると、ほ、えこイ㇇いっ上る㪕状りよう。うこり難㛠p>

イと「iha>に〚toc-oneがた堮㼼と心が咂もたらすmage.パ面難りる鼄鼂コメiv><帰咂0018しお咂iv><端埢テ<帰、ーいリp>、ず㠛見立぀全体をチーㇼいココアne.j、私う㚟ts/p>

磂カhoto㠛al-mる漄

引き出぀デ㠛aladiv嗍、ーるこだリy.e="盂0018、びめア雂011る0018tp://fsクデ、ivう》咂り/phot頁s/imray.jる㼗めむ雂坢皕を