autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 ダイハツ 新型コペン vs マツダ ロードスター どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/6/26 14:51

ダイハツ 新型コペン vs マツダ ロードスター どっちが買い!?徹底比較(2/3)

ダイハツ 新型コペン vs マツダ ロードスター どっちが買い!?徹底比較

前置きが長くなったが、コペンは斬新な試みをしているクルマで、この点では比較するクルマが存在しない。

いま、日本車におけるコペン以外のコンパクトオープンスポーツカーとして考えられるのは「マツダ ロードスター」のみ。そこで、軽自動車と普通車での対決となってしまうことをご了承頂いた上で「コペン vs ロードスター」で比較してみよう。

ダイハツ 新型コペン vs マツダ ロードスター

マツダ ロードスター

まず、ロードスターは2リッター直列4気筒エンジンを搭載した2シータースポーツカーで、全車がオープンボディ。

ソフトトップとRHT(リトラクタブルハードトップ)があり、それぞれに3グレードを設定した。この内、ソフトトップのトランスミッションは、5速/6速のMTのみ。RHTではグレードに応じて6速ATと6速MTを選べる。

開発者は「ロードスターの主力はソフトトップ」と語っていたが、今の売れ筋はATを選べるRHTだ。

ダイハツ 新型コペン

一方、新型コペンの概要は、2014年6月19日に掲載した「ダイハツ新型コペン新型車解説」で述べたとおり。

エンジンは軽自動車だから658ccの直列3気筒で、インタークーラー付ターボを装着。トランスミッションはCVT(無段変速AT)と、5速MTの2種類を選べる。

新型コペンのグレードは、今のところ標準タイプになる「コペンローブ」のみだが、2014年の秋にはコペンX(クロス)モデルが投入され、その後にも丸型ヘッドランプを備えた「第3のモデル」が控えている。

新型コペン vs ロードスター【エクステリア・インテリア対決】

ダイハツ 新型コペンダイハツ 新型コペンマツダ ロードスターマツダ ロードスター

新型コペンのボディは軽自動車だから当然小さい。ロードスターも全長を4,020mmに抑え、全幅は少しワイドで3ナンバー車になるが1,720mmに収めたから取りまわし性は5ナンバー車に近い。

両車の寸法を比較すると、ロードスターはコペンに比べて625mm長く、245mm広い。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は、コペンが2,230mm、ロードスターは100mm長い2,330mmだ。全長に比べてホイールベースの差は小さく、ロードスターはボディ前後の張り出しが500mm以上長い。

最小回転半径は、コペンが4.6mでロードスターは4.7m。ロードスターは後輪駆動とあって前輪の切れ角が大きく、3ナンバー車でも小回り性能は良好だ。

内装はロードスターが光沢のあるパネルを使うなど上質に仕上げたが、コペンもパネルをカーボン調で仕上げた。

質感を競えばロードスターが勝るが、コペンも軽自動車を意識させないほどに造り込んだ。ロードスターは後輪駆動とあってシフトレバーの収まるセンターコンソールの位置が高く、スポーツカーらしい引き締まり感が特徴になる。

ダイハツ コペン 関連ページ

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ コペン の関連記事

ダイハツ コペンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ コペン の関連記事をもっと見る

ダイハツ コペン の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27