autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 ダイハツ キャスト vs スズキ ハスラー どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/10/14 17:27

ダイハツ キャスト vs スズキ ハスラー どっちが買い!?徹底比較(3/3)

ダイハツ キャスト vs スズキ ハスラー どっちが買い!?徹底比較

ダイハツ キャスト vs スズキ ハスラー/安全装備比較

ダイハツ キャスト アクティバ

キャストアクティバは、赤外線レーザーと単眼カメラを併用するスマートアシストIIを採用。先行車両に衝突する危険が生じた時の警報は、時速100kmを上限に行う。時速50km以下では歩行者も検知して、車両については緊急自動ブレーキを作動できる。さらに後方に向けた音波センサーも装着して、後退時などの検知も行う。

ハスラーのセンサーは赤外線レーザーのみだから、検知する対象は車両や建物で歩行者は含まれない。

システム価格はキャストアクティバが6万4800円、ハスラーは標準装着だが、アルトでは2万1600円だ。価格は機能に応じて異なるが、キャストアクティバの方が作動速度域が幅広く安心感が高い。

なおサイド&カーテンエアバッグはキャストアクティバではオプション設定され、「G」・「SAII」であれば6万4800円で装着できる。ハスラーには設定がない。

ダイハツ キャスト vs スズキ ハスラー/価格比較・総評

ダイハツ キャスト アクティバ

キャストアクティバの価格は、当然ながらハスラーを強く意識した。

売れ筋になる2WDの「G“SAII”」は141万4800円。ハスラーで人気の高い「X(2WD・CVT)」の142万3440円と比べて若干安い。

この2車種では装備も似ている。キャストアクティバは緊急自動ブレーキを作動できる衝突回避の機能で勝り、ハスラーはISGを使ったSエネチャージによる優れた燃費性能や静かに再始動するアイドリングストップが魅力だ。

スズキ ハスラー

なので両車の実力は僅差だが、ハスラーは前述のように後席の背もたれを前に倒すとフラットで広い荷室になり、キャストアクティバでは段差が生じる。

加えてハスラーの荷室は水洗いが可能だ。収納設備も多彩で、後席の座り心地もハスラーが快適に仕上げた。

またハスラーはボディが軽く、ノーマルエンジンは実用回転域の駆動力が高い。動力性能でも優位になる。

ダイハツ キャスト アクティバスズキ ハスラー

キャストアクティバは内外装の色彩の組み合わせが豊富だったりするが、機能はハスラーが勝る。

またキャストアクティバを最初に見た時、ハスラーを思い浮かべた読者諸兄は多いと思う。

2015年10月中旬時点で両車の公式ホームページを見ると、ボディカラーは両方ともにブルーで、キャストアクティバがハスラーに追従した印象だ。カタログでブルーに次いで多く掲載されるオレンジも、ハスラーを連想させてしまう。

ハスラーが登場した時には、かなり強いインパクトがあって好調に売れた。これにキャストアクティバが勝つのは難しい。競争を避ける意味もあってキャストはスタイルやスポーツも用意したが、いまひとつ中途半端な印象を拭えない。

以上のような点を踏まえるとハスラーを推奨したい。ただし前述のように機能の優劣は僅差。両車を乗り比べて判断すると良いだろう。また色彩でキャストアクティバを選ぶ手もある。

ダイハツ キャスト 関連ページ

スズキ ハスラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ キャスト の関連記事

ダイハツ キャストの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ キャスト の関連記事をもっと見る

ダイハツ キャスト の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21