autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2015/12/5 16:35

目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート(3/4)

関連: ダイハツ キャスト Text: 今井 優杏 Photo: 小林岳夫・茂呂幸正
目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート

ダイハツがコペンで考える「軽スポーツのあり方」とは

目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏

ダイハツ コペンは確かにハンドリングの楽しい軽スポーツだが、サスペンションのストローク量も車体を考えれば驚くほど多く、しなりとロールを生かしてコーナリングをするようなソフトな性格に味付られている。その辺は同じ軽オープンでもホンダの「S660」と明確に性格を分けているところだ。S660はもっと地を這うようだし、もっと路面のインフォメーションを拾いまくる。

コペンにはMTも用意されているのだが、このMTもアジアで商用車用に使っているユニットを逆輸入したもの。つまりスポーツを思わせるショートストロークではなく、パタンパタンとゆっくり操作しながら味を引き出すような実用系MTなのだ。

つまりコペンをベースにしたキャスト スポーツもそれなりに癒し系。だからコペンのそれをベースにしたアブソーバーもギンギンに固めました!というのでは無論ない。

目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏

今回の試乗コースでは、むしろクルマの特性を引き出すには酷なんじゃ……とおもうほどに勾配の強い山道を選択してみたのだが、キツイRの連続ではこのロールを生かしてコーナーをクリアするには若干のテクニックが必要になる感じ。あくまでも山道をバンバン走るためだけに選ぶ人には、もう少し固めてくれてもいい。

しかし、だからこそ普通に一般道を走るには、なんならノーマルサスよりも心地がいいのだ。

小さなギャップはササっといなし、大きなギャップはゴクっと乗り越える。それでいて適度なインフォメーションがハンドルから返ってくる「対話感」は健在。

ホント、軽自動車にモノ足りなさや接地感への不安を抱いていた人にはエエ塩梅だと思う。実用域でちゃっかりスポーツを味わえるのだもの。

「キャストスポーツ」は性格の異なる2種類のタイヤを用意

目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏

このキャスト スポーツ、ノーマルにはヨコハマタイヤのアドバンA10が装着されているのだが、さらにスポーツを求める人には、オプション専用のハイグリップタイヤ、ブリヂストンのポテンザRE050(!)が用意されている。

いやそれはさすがにちょっとオーバースペックなのでは、とも思うが、うん、たしかにオーバースペックではある(暴露)。

だってそりゃそうですよ、軽自動車だもの!

だけど、これが件の試乗コース、ぐねぐねの山道で履いたら思った以上に楽しいのなんのって!

[キャストスポーツの走りが楽しいワケとは・・・次ページへ続く]

ダイハツ キャスト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ キャスト の関連記事

ダイハツ キャストの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ キャスト の関連記事をもっと見る

ダイハツ キャスト の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24