autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2015/12/5 16:35

目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート(2/4)

関連: ダイハツ キャスト Text: 今井 優杏 Photo: 小林岳夫・茂呂幸正
目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート

デザインだけじゃない! キャストのキモは走りの良さにこそ隠れている!

目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏

キャストは同社のコアモデルである「ムーヴ」をベースに開発された車両だ。

さらに重ねてそもそもを言えば、その「ムーヴ」自体も昨年末、相当に気合の入ったフルモデルチェンジをしていて、舌を巻くほどにクラス感のある仕上がりになっていたもんだから、全部芋づる式にエエ感じに仕上がっているのは想像に易い。

ムーヴは、弟分であるスペース系ハイトワゴン「タント」と、さらにハイパースペース系ハイトワゴン「ウェイク」が誕生したことによって「走りとスペース」という矛盾の両立からの脱却を昨年のフルモデルチェンジにてめでたく果たし、クルマ本来の目的=走りの良さを追求することに至った。軽にスペースを求める人はタントとウェイクをどうぞ、ムーブは「走り」を強化しますから、という具合だ。

キャストの良さは、ムーヴの刷新があってこそ生まれた

目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏

ムーヴの素性のいい走りの良さは、徹底した剛性の強化と軽量化からの恩恵が大きく、静粛性も、スッと挙動が収束するコーナー出口あたりの気持ちよさも、こだわりにこだわって完成させたことがたったのひと乗りでわかる仕上がりになっている。とくにターボモデルの完成度は素晴らしい。

ボディに対しややパワーの足りなさを感じるNAモデルに反し、3気筒エンジンをターボでふわっと押し出すパワー/トルクは数字にすると64ps/92N・mと頼りないのだけど、それこそ軽量化の恩恵を受け、先代比にしても汎用モデル比にしても相当に手応えのある加速を味わえる。

ムーヴの骨格と、コペンのアシを受け継いだ「キャスト スポーツ」

目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏

そのムーヴのモノコックを引き継いで、さらに16インチタイヤにコペンベースのアブソーバー、それから7速MTモード付のCVTを備えたのがキャスト スポーツだ。

専用装備は以下。

・スポーティーサスペンション

・スポーツ専用エンブレム(グリル)

・フロントLEDイルミネーションランプ(オールデイ)

目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏

・MOMO製革巻ステアリングホイール(パドルシフト付)

・16インチアルミホイール

・16インチハイグリップタイヤ&アルミホイール(メーカーオプション)

※搭載エンジンはターボのみの設定

”スポーツ”なのに、エンジン自体の変更がない理由とは

目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏目指したのは「4人乗りのコペン」ダイハツ キャストスポーツ 試乗レポート/今井優杏

つまりエンジン・パワー関係にはなにも手が入っていない。

え、そんなんでホントに「スポーツ」なの?となると思うが、確かにパワーの面では(スポーツを謳うなら)ややモノ足りない感じ。しかしハンドリングではちゃんとスポーツが実現してた!ってのがホンネのところだ。

おそらくダイハツの考える「スポーツ」が、いわゆるチューニングカーみたいなガチガチのスポーツではないところに出発点がある。

「スポーツ」の考え方の始点に存在するのが同社オープンスポーツ「コペン」だからだ。

[ダイハツが考える軽スポーツの姿とは・・・次ページへ続く]

ダイハツ キャスト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ キャスト の関連記事

ダイハツ キャストの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ キャスト の関連記事をもっと見る

ダイハツ キャスト の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21