autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST」[キャスト アクティバ/キャスト スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2015/9/30 23:38

【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST」[キャスト アクティバ/キャスト スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎(3/5)

関連: ダイハツ キャスト Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志
【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST」[キャスト アクティバ/キャスト スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎

優れたパッケージングだけに、後席の掛け心地は更なる改善を望みたい

【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST(キャスト)」[キャスト・アクティバ/キャスト・スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST(キャスト)」[キャスト・アクティバ/キャスト・スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎

前席の座り心地は快適だったが、後席はいまひとつだった。前席に比べて座面の柔軟性が乏しく、ボリューム感も不足している。背もたれは平板でサポート性が良くない。シートの構造は基本的にムーヴと同じだが、キャストは腰が下がって膝の持ち上がる着座姿勢になりやすい。

後席の着座位置がムーヴと異なるのは、全高とボディ形状の違いによるものだ。キャストの全高は、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)が等しいスタイルの場合で、ムーヴよりも30mm低く、室内高も35mm下まわる。これにルーフ形状の違いも加わるため、キャストは頭上空間を確保すべく着座位置を20mm下げた。そのために膝が持ち上がりやすい。

座り心地のボリューム不足はムーヴも同じだが、キャストはインパネを含めて前席をていねいに造り込んだから、後席の格差が目立ってしまう。

そもそもキャストの車内の空間効率は優れており、身長170cmの大人4名が乗車すると、後席に座る同乗者の膝先には握りコブシ3つ弱の余裕がある。セダンでいえばLサイズに匹敵する広さだから、4名で乗車するニーズも多いだろう。となれば、やはり後席の座り心地は快適にして欲しい。この点は開発者も認識しており、これから何らかの改善が加わる可能性がある。

【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST(キャスト)」[キャスト・アクティバ/キャスト・スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎

荷室は不満のない広さを備えるが、現行型ムーヴと同様、後席の背もたれを前に倒した時に座面が下降する機能はない(従来モデルにはついていた)。しかも低めになった着座位置をカバーするために後席の座面前方を少し持ち上げたから、背もたれを前に倒すと広げた荷室の床に傾斜が生じる。このあたりも今後の改善点だろう。

[気になる運転感覚は・・・次ページへ続く]

ダイハツ キャスト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ キャスト の関連記事

ダイハツ キャストの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ キャスト の関連記事をもっと見る

ダイハツ キャスト の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27