autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST」[キャスト アクティバ/キャスト スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2015/9/30 23:38

【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST」[キャスト アクティバ/キャスト スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎(2/5)

関連: ダイハツ キャスト Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志
【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST」[キャスト アクティバ/キャスト スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎

運転席からの前後視界も良好で運転もしやすい

【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST(キャスト)」[キャスト・アクティバ/キャスト・スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎

車内に入って運転席に座るとボンネットが少し見える。スズキ ハスラーも同様だが、今の軽自動車やコンパクトカーにはボンネットが前方に傾斜したデザインが多いから、視野に入る車種は意外に少ない。ボンネットが見えると、狭い道を通行したり縦列駐車をする時の目安になる。

いっぽうサイドウインドウの下端はあまり低くないが、側方視界に不満はない。右側のサイドウインドウから顔を出すと、わずかに後輪が見えた。白線の引かれた駐車スペースにクルマを収める時の操作もしやすい。サイドウインドウの下端を後ろに向けて持ち上げたデザインではないから、斜め後方の視界も良好だ。

【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST(キャスト)」[キャスト・アクティバ/キャスト・スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST(キャスト)」[キャスト・アクティバ/キャスト・スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎

インパネはムーヴに似たレイアウト。

インパネ中央の上部には、タブレット端末が収まりそうなスペースがあり、8インチサイズのメモリーナビなどを装着できる。下側のATレバーと空調スイッチも機能的に配置した。

インパネで注意したいのはアクティバのメーターパネルだ。

自発光式だが、文字盤が少し黒みがかったシルバーだから太陽光線の当たり方によって反射しやすく、文字色が白のためさらに見にくい。エンジン回転を示すタコメーターはともかく、速度計の視認性は気になった。その点スタイルのメーター文字盤が黒で文字色は白だから不満はない。

フロントシートの座り心地は良好

【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST(キャスト)」[キャスト・アクティバ/キャスト・スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎【速攻試乗】ダイハツ 新型軽自動車「CAST(キャスト)」[キャスト・アクティバ/キャスト・スタイル]試乗レポート/渡辺陽一郎

シートの座り心地は、前席については快適だ。奥行に余裕があり、ATレバーがインパネに装着されるからシートの幅も十分。肩まわりのサポート性も軽自動車では優れた部類に入る。座面は適度に柔軟でボリューム感があり、背もたれは腰を少し包む形状に仕上げた。

特にスタイルに採用されるスエード調のシート生地は、伸縮性があって滑りにくく一層快適に感じた。頭上にも十分な余裕があり、リラックスして乗車できる。

床と座面の間隔など、前席の着座姿勢は基本的にムーヴと同じ。身長170cmのドライバーが座ると運転姿勢を合わせやすいが、ミライースなどに比べると座る位置が高い。小柄なユーザーはペダル操作が正確に行えるか確認すると良いだろう。これはキャストに限らず、全高が1600mm以上の車種全般に当てはまる注意点だ。

[では後席の座り心地はというと・・・次ページへ続く]

ダイハツ キャスト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ キャスト の関連記事

ダイハツ キャストの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ キャスト の関連記事をもっと見る

ダイハツ キャスト の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21