autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 ダイハツ ブーン&トヨタ パッソ vs ホンダ フィット どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2016/5/16 12:06

ダイハツ ブーン&トヨタ パッソ vs ホンダ フィット どっちが買い!?徹底比較(3/5)

ダイハツ ブーン&トヨタ パッソ vs ホンダ フィット どっちが買い!?徹底比較

エンジンと動力性能比較

DAIHATSU BOON CILQ(ダイハツ ブーン シルク) ”Gパッケージ SA II”ホンダ フィット 1.3L 直噴 DOHC i-VTECエンジン

ブーン&パッソのエンジンは、直列3気筒の1リッター。最高出力は69馬力(6000回転)、最大トルクは9.4kg-m(4400回転)だからパワフルとはいえないが、車両重量は前輪駆動の2WDであれば910kgと軽い。やや高回転指向なのを改善して実用回転域の駆動力をもう少し高めたいが、力不足は感じない。

一方、フィットが搭載する1.3リッターエンジンは、最高出力が100馬力(6000回転)、最大トルクは12.1kg-m(5000回転)になる。車両重量は売れ筋の13G・Fパッケージが1020kgだ。ブーン&パッソ以上に高回転指向で、4000回転を超えたところに速度上昇が一時的に伸び悩む回転域もあるが、加速性能はフィットが力強い。

勝者:フィット

走行安定性比較

DAIHATSU BOON CILQ(ダイハツ ブーン シルク) ”Gパッケージ SA II”

ブーン&パッソの走行安定性は、先代型では不満を感じたが、新型はプラットフォームを流用しながら剛性を高めた。2WDでは前後の足まわりにスタビライザー(ボディの傾き方を制御する棒状のパーツ)も組み込んだから、先代型と違って操舵感が曖昧だったり、カーブを曲がる時に不安を感じることはない。

ただし操舵に対する車両の動きは少し鈍く、ステアリングのギヤ比もスローだから、結果的に曲がりにくく感じる場面がある。混雑した市街地や駐車場では、ハンドル操作が少し忙しい。

また危険を回避する時などは、後輪の接地性が削がれて横滑りの兆候が生じることがある。走行安定性を総合的に高める余地を残す。

ホンダ フィット 1.3G Fパッケージ

フィットは対称的で、実用指向のコンパクトカーでは操舵感が機敏だ。意外に良く曲がる。その代わり、カーブを曲がっている最中にアクセルペダルを戻すような操作を強いられると、後輪の横滑りを生じやすい。セッティングの意図は理解できるが、フィットはスポーティーカーではないから、車両全体の動きをもう少し穏やかにすると良い。

それでも直進時を含めて総合的に判断すると、フィットの走行安定性が勝る。ブーン&パッソは、初代モデルから使い続けるプラットフォームを一新させる時期にきていると思う。

勝者:フィット

乗り心地比較

ホンダ フィットハイブリッド

乗り心地は両車ともに少し硬く、路上のデコボコを伝えやすい。それでも比較すればフィットが快適に感じる。発売当初に比べると改善を施し、足まわりを柔軟に動かす方向へ発展させた。

タイヤサイズはブーン&パッソが165/65R14で、指定空気圧は前後輪とも250kPa。フィット13G・Fパッケージは175/70R14で、指定空気圧は前輪が220kPa、後輪が210kPaになる。両車とも14インチタイヤだが、ブーン&パッソは扁平率が低く、しかも指定空気圧は高い。タイヤの設定も、フィットに比べると乗り心地では不利になっている。

勝者:フィット

ダイハツ ブーン 関連ページ

トヨタ パッソ 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ブーン の関連記事

ダイハツ ブーンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ブーン の関連記事をもっと見る

ダイハツ ブーン の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25