autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ダイハツ ビーゴ 新型車徹底解説 5ページ目

新型車解説 2006/1/27 19:58

ダイハツ ビーゴ 新型車徹底解説(5/6)

ダイハツ ビーゴ 新型車徹底解説

380リッターの大容量を誇るラゲッジと充実したポケッテリア

全長が4mを切るコンパクトボディのビーゴだが、ラゲッジスペースはかなり広めで380リッターの容量を確保している。中型のスーツケース4個、またはゴルフバッグ4個を積めるサイズだ。リヤシートは6対4分割でタンブル式フォールディングが可能。最大容量は800リッターにもなり、ラゲッジルームの設定は満足のいくものとなっている。

軽自動車を中心に多くのコンパクトカーを造ってきたダイハツだけに、ポケッテリアの作り方は上手だ。助手席前のグローブボックスと、前後ドア4枚のドアポケット、ダッシュパネル右側のユーティリティポケットなど、基本的な装備はもちろん充実。助手席下にシューズなどを収納できるアンダートレイや、リヤシートの下側に小型のアンダーボックスを設けるなど、隠しワザも用意。

フロアコンソールはATとMTでは仕様が異なる。ATは前からセレクター、カップホルダー、ボックス、カップホルダーの順。MTは前からカップホルダー、シフトレバー、パーキングブレーキレバー、カップホルダーの順となる。MTの場合、パーキングブレーキレバーの左右に細長いボックスを用意し、CDなどを立てられるようにしている。

ダイハツ ビーゴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ビーゴ の関連記事

ダイハツ ビーゴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ビーゴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22