会社案内 プレスリリース オートックワン、業界初、自動車販売会社向けクラウドCRMサービスを開始 【オートックワン】

会社情報

プレスリリース

2010年8月23日

オートックワン、業界初、自動車販売会社向けクラウドCRMサービスを開始
~顧客情報を全社でリアルタイムに共有できる営業支援システム~

SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:北尾 吉孝)の子会社で、インターネット自動車販売仲介サービス会社のオートックワン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:加登吉邦 以下、オートックワン)は、株式会社セールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース・ドットコム)の技術を採用し、本年10月より自動車販売会社向けにクラウド*1CRM*2サービスの提供を開始します。

SBIグループでは現在、SBIモーゲージ株式会社において住宅ローンの業務オペレーションに関わるすべてのプロセスをクラウド化するなど、クラウドサービスの活用を推進しておりますが、今般のオートックワンによるサービス提供も、クラウドを積極的に活用する取り組みの一貫であります。

本サービスは、オートックワンが提供する自動車販売会社向けメール商談システムDRT(Dealer Real Time System)の新車見積り商談データと各販社の所有する顧客データ、来場者データ、商談データ、営業管理データ等をクラウド上で一元・共有管理できるサービスです。

顧客管理・活動管理・商談管理機能など販売管理に必要な機能を標準装備しており、必要に応じてカスタマイズも簡単に素早く対応できます。さらに、販売現場のコミュニケーションを促進するセールスフォース・ドットコムの新機能「Chatter」を本サービスに追加しました。

Chatterは、商談の進め方や多様な商品の勧め方など営業マン個人が持つノウハウをツイッター感覚で情報交換できるコミュニケーション促進機能ツールです。これにより、販売現場における組織横断型の「知恵のコミュニケーション」がタイムリーに行われ「顧客の来場率の向上」「来場成約率の向上」等の営業活動の強化・推進が可能となります。

本サービスの提供については、オートックワン加盟の自動車販売会社向けに先行販売し、順次全国の自動車販売会社各社に拡販していく予定です。

なお、本サービスは、オートックワンが提供するクラウドサービスの第一弾