autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム シトロエン「C6」が復活!シトロエンらしさではなく、ライバルに負けない存在感を全面に

自動車評論家コラム 2016/4/26 19:20

シトロエン「C6」が復活!シトロエンらしさではなく、ライバルに負けない存在感を全面に

関連: シトロエン Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史/PSA
シトロエン「C6」が復活!シトロエンらしさではなく、ライバルに負けない存在感を全面に

ライバルに負けない高級感を全面に

シトロエンC6:北京ショー2016

シトロエン「C6」が復活した。

といっても、往年の「CX」をインスピレーションした先代「C6」のような、シトロエンらしい尖ったデザイン性は持っていない。

■シトロエンらしくない!?新型「C6」画像ギャラリーはコチラ

新型「C6」は、最上級Dセグメントの王道、といった印象。Cセグメントの「C4」、エントリーDセグメントの「C5」のさらに上を確実に狙った結果だ。

公開されたボディ寸法は、全長4.98m×全幅1.84m×全高1.47mとかなりの大柄。そして、中国におけるDセグメントの必須項目である、リムジンとしての後席の広さを実現するため、ホイールベースは2.90mとした。

デザインでは、「C4」や「C5」のように、フロントマスクでシトロエンのデザインアイコンを強調するのではなく、ライバルたちに「街中での存在感で負けないための」ラギットな高級感を全面に押し出すデザインコンセプトだ。

また、リアビューでは「C5」とのデザイン共通性を感じる。

未発表のエンジンはターボかHVを投入か?

シトロエンC6:北京ショー2016シトロエンC6:北京ショー2016

インテリアでの特徴は、ダッシュボードのメーターパネルにTFTディスプレイを採用。新型ジャガー「XF」でも採用している全画面対応のナビゲーションシステムなどを備える。

また、アクティブセーフティブレーキや360度アラウンドビューモニターなど、安全運転補助機能を重視した。これは、2017年からさらに厳しくなる、欧州での歩行者保護規制に対応したものだ。

エンジンについては今回未発表。PSA(プジョー・シトロエン)全体として中国のCAFE(企業別平均燃費)を考慮すれば、新型「C6」ではダウンサイジングターボやハイブリッド車の投入が妥当であろう。

新型「C6」、中国での発売は今年9月を予定している。

■シトロエンらしくない!?新型「C6」画像ギャラリーはコチラ

[Text:桃田健史]

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シトロエン の関連記事

シトロエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン の関連記事をもっと見る

シトロエン の関連ニュース

シトロエン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • シトロエン
    C3

    新車価格

    216万円239万円

  • シトロエン
    DS3

    新車価格

    259万円399万円

  • シトロエン

    新車価格

    355万円380万円