autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シトロエン DS3 海外試乗レポート/森口将之 2ページ目

試乗レポート 2010/2/18 18:10

シトロエン DS3 海外試乗レポート/森口将之(2/2)

関連: シトロエン Text: 森口 将之 Photo: プジョー・シトロエン・ジャポン
シトロエン DS3 海外試乗レポート/森口将之

パリの街をそのままクルマにしたようなコンパクトカー

シトロエン DS3
シトロエン DS3シトロエン DS3

スペックをいろいろ書き連ねてきたが、DS3はデータだけで判断するクルマじゃない。

4色のルーフ、クロームメッキとボディカラーが選択できるドアミラーとサイドモール、ルーフと同色にできるアルミホイールのセンターキャップ、8種類のインパネ、7種類のシフトレバーなどを組み合わせ、自分好みのDS3が作り出せることが最大の魅力なのだ。

同様のシステムはミニも導入しているが、あちらがポップな色使いなのに対して、DS3はシック。

ガンメタのボディにワインレッドのルーフ、白いボディにライトブルーのルーフというコーディネイトは、クルマというよりアクセサリーやスイーツを思わせる。大人の遊び心を感じさせてくれるのだ。

5月に発売予定の日本仕様でも、もちろんこの「オーダーメイド」が導入される。でも納車待ちはイヤという人のために、インポーターがコーディネイトした「ローンチパッケージ」も用意しており、3月から先行予約が始まるこちらを選べば、発売直後の納車が可能だという。売り方まで個性的だ。

キャビンに乗り込んでまず気づいたのは、レザーシートのクッションに厚みがあり、”ふっかり”した着座感が心地よかったこと。サイズもたっぷりしていて、ここだけ取り出せば、ふたクラス上のC5を思わせるほどだ。

それでいてライバルとは違い、リアシートにも身長170cmの自分が楽に座れる。ラゲッジスペース容量は285リットルと、プレミアムコンパクトとしてはかなり広い。

フランス生まれらしく、ユーティリティにも手抜きはない。インパネの造形はC3と共通だが、パネルがワインレッドだったりライトブルーだったりするから、印象はまるで異なる。

少し低めのヒップポイントで小径363mmのステアリングを握ると、クールでスポーティな雰囲気に包まれた。

シトロエン DS3シトロエン DS3

試乗した1.6リッターガソリンターボは、日本でもC4やピカソでおなじみのユニットだ。

車重は1,160kgにすぎないので、アクセル全開では力強い加速を示すが、2000rpm以下からターボが効くフレキシブルな性格と、C3以上に静かなキャビンを体感すると、この力を余裕と考えてクルージングしたくなる。

シトロエンらしい優しさを感じさせたC3と比べると、こちらの乗り心地はやや固めだ。でも小刻みに上下に揺れることはなく、格上のクルマのように落ち着いている。

コーナーでも、ステアリングの切れ味こそ鋭いが、その後はむしろゆったりした身のこなしで駆け抜けていく。

コンパクトカーはキュートなデザインと軽快な走りが魅力、というのがいままでの常識だった。ミニもミトもそうだ。でもDS3はそうではない。スタイリングからハンドリングまで、すべてがおとなっぽい。

パリの街をそのままクルマにしたようなプレミアムコンパクトだった。

筆者: 森口 将之
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シトロエン の関連記事

シトロエンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン の関連記事をもっと見る

シトロエン の関連ニュース

シトロエン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • シトロエン
    C3

    新車価格

    216万円239万円

  • シトロエン
    DS3

    新車価格

    259万円399万円

  • シトロエン

    新車価格

    436.6万円490.6万円