autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シトロエン C5 1.6エクスクルーシブ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/8/17 14:03

シトロエン C5 1.6エクスクルーシブ 試乗レポート(3/4)

関連: シトロエン C5セダン Text: 清水 草一 Photo: 池之平昌信
シトロエン C5 1.6エクスクルーシブ 試乗レポート

新作1.6リッターエンジンのトルクは2.5リッター並!

そして焦点のエンジン&ミッション。

こちらは期待度×2倍くらいの、まさにメロメロな素晴らしさであった。排気量は1.6リッターながら、わずか1400rpmから最大トルクを発揮する直噴ターボの特性のおかげで、街中から高速巡航までアクセルレスポンスはばっちりんこ。

ちょい踏んだだけで、思ったよりほんの少し多めにググッと前に出る感覚がステキだ。なんせトルクは2.5リッター並みだからね。

Dレンジで普通に走っている限り、タコメーターが2000rpmを上回ることは滅多にない。シトロエンに乗っていると、不思議と走りが鷹揚になるせいもあるが、最小のパワーでゆるゆる前に進むこのフィーリング、マゾ的に病みつきになる!

まさに日独仏のパーフェクトな合作ですな!

シトロエンC5 1.6エクスクルーシブ シトロエンC5 1.6エクスクルーシブ 

基本的には308や3008と同じエンジン&ミッションなのだが、受けるイメージはけっこう違う。

プジョーの方がずっとスポーティで、対するシトロエンはジェントル。シトロエンの方がハイギアードでシフトアップも早めなせいだろう。このキャラクターの使い分けはパーフェクトに納得だし、シトロエンファンとして全面的に賛成です!いざという時の全開ダッシュ力も、必要にして十分だ。

レッド手前までブチ回すと4気筒らしい唸りを上げ、重いボディを一生懸命加速させる。156馬力という最高出力は、1620キロのボディに対して余裕たっぷりというわけには行かないが、なめたらいかんぜよくらいの実力はある。 あるいはミッションを「S」モードにしておけば、エンジン回転は全般に高くなって、プジョーっぽくよりスポーティに走ってくれる。

ただしキャラクター的にはDレンジの方が似つかわしいです。 この6速ATは日本のアイシン製なので、信頼性も抜群だ。エンジンにはドイツの血が色濃く入っているし、日独仏の合作というわけですな。

一般の皆さんもこの方が、シトロエンに対する信頼感を抱きやすいのではないでしょうか?

シトロエン C5セダン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シトロエン C5セダン の関連記事

シトロエン C5セダンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン C5セダン の関連記事をもっと見る

シトロエン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18

  • シトロエン
    C3

    新車価格

    216万円239万円

  • シトロエン
    DS5

    新車価格

    409万円497万円

  • シトロエン
    DS3

    新車価格

    259万円399万円