autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シトロエン C5 1.6エクスクルーシブ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/8/17 14:03

シトロエン C5 1.6エクスクルーシブ 試乗レポート(2/4)

関連: シトロエン C5セダン Text: 清水 草一 Photo: 池之平昌信
シトロエン C5 1.6エクスクルーシブ 試乗レポート

「デカいボディに小さいエンジン」はシトロエンの伝統

C5はデカイ。

全幅1860ミリ、全長はセダンで4795ミリ。ベンツで言えばモロにEクラスというデカさを持つ。車重もセダンで1620キロだ。

パッと見も相当平べったくて、バカデカいな~と思わせる。そんなデカいボディに、たったの1.6リッターという組み合わせ。これがイイんだよね。

もともとシトロエンというメーカーは、DS以来「デカいボディに小さいエンジン」というのがひとつの伝統。最小のパワーで極上の世界を実現するのがシトロエンらしい方法論だ。C5と1.6リッターの組み合わせは、それだけでマニアを刺激するのである。

これはSクラスか!?ファントムか!?劇的改善のハイドラクティブ3プラスサスペンション

シトロエンC5 1.6エクスクルーシブ ステアリングシトロエンC5 1.6エクスクルーシブ ハイドラクティブⅢプラスサスペンション内部

いよいよ発進だ。Dレンジに入れてソロリとアクセルを踏む。バカデカい車体は空飛ぶ円盤のごとくスス~と前進、その瞬間私は悶絶した。

「うひ~、極上の浮遊感だ~~~!」

現行C5の登場時は、乗り味がスポーティに固くなったと感じたが、さすがシトロエン。熟成が進んでウォーターベッド的なフワンフワン感が戻っている。

もともとシトロエンのハイドロ系サスは、大きなうねりをいなすのは得意中の得意、うねりカモン、道路よもっとうねってちょ!と思うほどの快楽を与えてくれたが、路面の小さなデコボコをいなすのは苦手で、首都高のジョイントでは「ドスン!」という突き上げがあった。

しかしC5のハイドラクティブⅢプラスは、そのあたりも劇的に改善され、首都高上でも極上の乗り心地を提供してくれる。これに匹敵するのは、メルセデスSクラスのエアサスやロールスロイス・ファントムくらい!

つまり、400万円台で地上最高の乗り心地が手に入るのである。スバラシイじゃないか! ボタンを押してサスペンションを「スポーツ」にすると、やや引き締まった走りになり、首都高のジョイントでは軽い「ドスン」が復活する。

首都高ではノーマル、他の高速では「スポーツ」がちょうどいい感じです。

シトロエン C5セダン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シトロエン C5セダン の関連記事

シトロエン C5セダンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン C5セダン の関連記事をもっと見る

シトロエン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • シトロエン
    C3

    新車価格

    216万円239万円

  • シトロエン

    新車価格

    238万円

  • シトロエン
    DS3

    新車価格

    259万円399万円