autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 シトロエン C4 最新モデルガイド

新型車解説 2006/3/14 14:01

シトロエン C4 最新モデルガイド

関連: シトロエン C4 Text: 西川 淳 Photo: 原田淳
シトロエン C4 最新モデルガイド

個性が際立つ、21世紀の“シトロエンらしい”魅力的なモデル

C3、C2と2モデル続いて個性あふれるスタイリングのモデルをリリースし、シトロエンが再び“らしさ”を取り戻したのかもとその後の展開に期待したものだが、このC4の登場でそれは確信に変わった。シトロエンは、21世紀の“らしい”シトロエンを造り続ける決意をした、と。

それほどC4のインパクトは強かった。デビューは一昨年のパリショー。赤と白の神秘的なブースに並ぶC4のクーペ&サルーンに人の流れの途切れることがなかったことを今も鮮明に思い出す。日本人だけでなく、向こうの人たちも、このシトロエンを待ち望んでいた、という印象を強く抱いたものだった。

2種類のボディタイプを持つが、フロントマスクを共通のイメージとするだけで、そこから後ろはそれぞれに全くのオリジナルデザインとした。

砲弾のようなフォルムのクーペも十分に個性的だが、ラウンドシェイプのサルーンがもつ独特さには及ばない。見ようによってはこの2スタイル、C2とC3の関係を拡大したと見てとることも可能だが、それにしてもC4サルーンの個性が際立っていることといったら!

リアエンドまで長く伸びるサイドウィンドウのグラフィックスは最新のシトロエンモードだ。その形状に合わせたエンドピラーとテールランプの造詣がまたユニーク。4つのフェンダーはしっかりの膨れて安定感を演出し、居住性を確保するために高められた車高を感じさせない。

インテリアもさらに魅力的だ。センターメーターに移るデジタル数字は珍しい透過式。さまざまなインフォメーションはステアリングポスト上のインジケーターに表示される。そして、なんともシトロエンらしいことに、ステアリングホイールは正にホイール部分だけが可動し、件のインジケーターが備わったセンターパッドは固定とされた。

搭載されるエンジンは2種類。1.6Lと2Lの直4DOHCだが、クーペのVTSには2L180ps仕様のエンジンと5段マニュアルギアボックスが組み合わされる。サルーンの2Lには豪華装備のエクスクルーシブも用意された。

その走り味は、最新モデルらしくボディにはしっかり感に満ちていて、かつアタリの柔らかい、いなしの効いた乗り心地を見せる。日常ユースに飽きのこない走りとでも言おうか。高速走行時の安定感も申し分ない。

筆者のオススメはサルーンタイプで、必要十分な動力性能をもつ1.6である。スタイル、性能、個性、どれをとってもコストパフォーマンスは高いと思う。

ジャーマンブランドのコンパクトカーは見飽きた、という人はぜひとも一度試して欲しい。

筆者: 西川 淳

シトロエン C4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シトロエン C4 の関連記事

シトロエン C4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン C4 の関連記事をもっと見る

シトロエン C4 の関連ニュース

シトロエン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • シトロエン
    C3

    新車価格

    216万円239万円

  • シトロエン
    DS3

    新車価格

    259万円399万円

  • シトロエン

    新車価格

    355万円380万円