autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シトロエン C3 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/6/15 11:50

シトロエン C3 試乗レポート(2/3)

関連: シトロエン C3 Text: 藤島 知子 Photo: 柳田由人
シトロエン C3 試乗レポート

Bセグのイメージを飛び越えたインテリア

シトロエン C3
シトロエン C3シトロエン C3

C3の車内には、このクラスでは最大級となる1,530mmの全高を生かした、ゆとりの空間が存在する。

全長4m以下のボディに大きめのシートが詰め込まれているため、一見すると、後席の膝回りがせせこましく見えてしまうものの、たっぷりとられたシートは、走行中に身体が滑りにくく、ストレスも少ない。

後席へアクセスしやすい4ドアモデルということもあり、ファミリーユースを考えるなら、2ドアで前席主体となるミニや500と比べると、深めにとられたラゲッジスペース、後席の背もたれが60:40の分割可倒式で十分な実用性を備えているので、現実的なサイズといえそうだ。

シトロエン C3
シトロエン C3シトロエン C3

インパネまわりは、シトロエンが得意とする近未来的なムードが満点。

ダッシュボードから浮き上がって見えるメーターのひさしをはじめ、私が試乗した上級仕様のC3Exclusiveは、チタンシルバーのダッシュパネルにヘアライン加工が施された艶やかなものが採用されて、爽やかなイメージを与えくれる。

ハザードランプやキーの施錠スイッチはクロームメッキのリングで囲まれ、フレグランスディスペンサーのダイヤルがエアコンの吹き出し口の脇にチョコンとアクセントとしてあしらわれている。

単に必要な機能性をソツなく押さえたインテリアに留まることなく、こうした遊びゴコロを見せるあたりに、独自の世界観を演出するだけの余裕さえ感じてしまった。

C3が車内を広く感じさせる理由は、広大なガラスエリアがもたらす開放感。

前席の頭上まで広がるゼニスフロントウィンドウは、まるでヘリコプターの操縦席に乗り込んだかのような広大な視野角を与え、空に向かってそびえ立つ高層ビルや四季を彩る街路樹の様子が乗員の視界に飛び込んでくる。

窓が広いというと、直射日光が気になりそうなものだが、眩しいときは、頭上のスライディングサンバイザーを引き出せば、天井部分を覆い、日差しを遮ることもできる。

年頃の私としては、日差しによるお肌への刺激や化粧崩れが気になるもので、厳しくチェックしてみたものの、C3のフロントウィンドウの紫外線透過率は通常のガラスと比較しても12分の1以下、熱伝導率は5分の1以下と謳うだけあって、日差しが強い日に5時間程度ドライブしたにもかかわらず、一般的なルーフをもつコンパクトカーと比べても、肌への負担が少ないと感じられるほどだった。

シトロエン C3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シトロエン C3 の関連記事

シトロエン C3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン C3 の関連記事をもっと見る

シトロエン C3 の関連ニュース

シトロエン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • シトロエン
    C3

    新車価格

    216万円239万円

  • シトロエン
    DS3

    新車価格

    259万円399万円

  • シトロエン

    新車価格

    355万円380万円