autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート クライスラー グランドボイジャー 海外試乗レポート

試乗レポート 2008/2/21 10:53

クライスラー グランドボイジャー 海外試乗レポート(1/2)

関連: クライスラー グランドボイジャー Text: 石川 真禧照 Photo: クライスラー日本株式会社
クライスラー グランドボイジャー 海外試乗レポート

現代ミニバンの立役者、再来

3列シートのミニバンを初めてつくったのはアメリカのクライスラーだった。1980年代初めに発売し、たちまち全米のファミリーカーの主役となった。アメリカのミニバンブームの始まりだった。

当然、ミニバンブームは日本にもやって来た。クライスラーもボイジャー/グランドボイジャーを投入し、ユーザーを増やした。そのボイジャー/グランドボイジャーも初代から数えて5代目へと発展し、今春には日本に上陸する予定。ひと足先にスペインで行なわれた国際試乗会で試乗した。

新型はボディサイズだけでなくエンジン、装備などが新しくなった。特にシートアレンジは日本のミニバンよりも実用性、楽しさが充実している。アメリカ人の遊び心がつまったミニバンに仕上がっている。日本にはロングホイールベースのグランドボイジャーが輸入される。グレードはツーリングとリミテッドの2グレードの予定だ。

300Cのイメージを持たせた5代目ボイジャー・デザイン

フロントスタイリング

現行ボイジャーは曲面的なデザインだったが、5代目は直線を生かしたデザインに変わった。クライスラーのデザイナーの話では、大ヒット中の4ドアセダン、300Cのイメージを生かしたからだという。

ボディサイズは現行よりも全長は30mm、ホイールベースは50mm大きくなったが、全幅は40mm短かく、全高は5mm低い。このサイズは国産のLクラスミニバンと比較しても、全長や全高はあまり変わらない。全幅はちょっと大きい。直線を主体にしたデザインの恩恵は2、3列目のヘッドスペースの広さとして体感できる。現行のような圧迫感はまったくない。カタログデータではルーフの幅は152mmも大きくなっている。

フロントグリルは大きなメッキグリル。これも300Cのイメージ。ボディカラーは9色が試乗会では用意されていたが、日本仕様でもこのカラーバリエーションは踏襲される予定になっている。

リアスタイリングフロントビューリアビューサイドビュー

クライスラー グランドボイジャー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

クライスラー グランドボイジャー の関連記事

クライスラー グランドボイジャーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

クライスラー グランドボイジャー の関連記事をもっと見る

クライスラー グランドボイジャー の関連ニュース

クライスラー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • クライスラー
    300

    新車価格

    577.8万円756万円