autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 クライスラー 300C 新型車徹底解説

新型車解説 2005/2/1 14:59

クライスラー 300C 新型車徹底解説

クライスラー 300C 新型車徹底解説

伝説のHEMIエンジンが復活

クライスラーから、新型車「300C」が発売された。5.7L HEMI V8エンジンと、3.5L OHC V6エンジンの2タイプである。

1950年代にクライスラー「レターシリーズ」に搭載された伝説のエンジン「HEMIエンジン」を不死鳥のとごく復活させ、搭載させた300C。最高出力は250kW(340ps)、最大トルク525N・m(53.5kg・m)を発生。0-100km/hを6.4秒で走りきり、最高速度は250km/h(リミッター作動)に達する。

そして、可変シリンダーシステムを採用。クライスラーの可変シリンダーシステム(MDS:Multi-Displacement System)は、V8パワーが必要でない場合に、5.7L HEMIエンジンの4シリンダーをシームレスに停止する。よって、この間は燃料消費量が抑えられる。このシステムの効率化により、燃費は10~20%向上されるとしている。

もうひとつの特徴は、後輪駆動。エンジンとトランスミッションは縦置きに搭載。プロペラシャフトは2分割式でクライスラーグループ独自のコラプシブル式を採用し、万一の前面衝突やオフセット衝突の際の乗員保護性能を向上させている。そして、操舵輪と駆動輪が前後にそれぞれ分担されるため、走行性能と操縦性が向上される。

インテリアは、運転席と助手席はレザー仕上げのヒーター付バケットシート。さらに運転席は8段階に調整可能なパワーシートとなっている。オーディオはサブウーハーを備えた368ワット、7スピーカーのボストンアコースティック製サウンドシステムが採用されている。標準装備として、ステアリングホイール部分に、3.5Lタイプはべっ甲を5.7Lタイプにはシフトノブと合わせて本木目がデザインされている。いずれもラグジュアリーカーの雰囲気を呈している。

エクステリアは、大胆なフロントシェイプデザインのグリル。ここだけで300Cと見分けが付くくらいである。その両脇にあるディスチャージヘッドランプはオートライト/オートレベリング機能付で、大幅な光量アップとなっている。

クライスラー 300C 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

クライスラー 300C の関連記事

クライスラー 300Cの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • クライスラー 300C 試乗レポート

    試乗レポート

    クライスラー 300C 試乗レポート

    リカで大ヒットのクライスラー 300Cが日本上陸アメリカ自動車メーカー(ビッグ3=GM、フォード、ダイムラー・クライスラー)のなかで、クライ....

  • クライスラー 300C 新型車徹底解説

    新型車解説

    クライスラー 300C 新型車徹底解説

    伝説のHEMIエンジンが復活クライスラーから、新型車「300C」が発売された。5.7L HEMI V8エンジンと、3.5L OHC V6エン....

クライスラー 300C の関連記事をもっと見る

クライスラー 300C の関連ニュース

クライスラー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • クライスラー
    300

    新車価格

    577.8万円756万円