autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シボレー ボルト 海外試乗レポート/川端由美 2ページ目

試乗レポート 2012/1/30 14:45

シボレー ボルト 海外試乗レポート/川端由美(2/3)

関連: シボレー
シボレー ボルト 海外試乗レポート/川端由美

3種類の走行モードを使い分ける

シボレー ボルト
シボレー ボルト エクステリアシボレー ボルト フロントマスク

机上の理論はほどほどにして、ボルトに乗ってデトロイトの街を走りだそう。

全長×全幅×全高=4498×1788×1430mmというスリーサイズは、ほぼプリウスと同じ。ダウンタウンにあるGMのオフィスから、テクノロジーセンターのある郊外に向かってフリーウェイをひた走る。

3種の走行モードのうち、初期設定は「ノーマル」だ。自動でエコ運転を心がけるのだが、電気モーターならではの低速トルクを発揮してストレスのない加速を生む。

「スポーツ」はより急速にトルクが立ち上がる設定で、最大で111kWの出力を生む電気モーターで駆動しているとは思えない鋭い加速を体験できる。ただし、加速後はノーマルとほぼ同じ制御に戻るため、加減速を繰り返さなければ燃費への影響はそう大きくない。

EVモードから一転、エンジンが始動した時の違和感はない

シボレー ボルト
シボレー ボルトシボレー ボルト バッテリーを中心とした電気の流れ

床下に積まれるリチウムイオン電池の容量が十分なうちは、アクセルペダルをどんなに踏み込んでも、どれだけ速度が高まっても、EVモードで走る。これがプリウスとの最大の違いだ。しばらく走ると大きな湖が見える閑静な住宅街に出た。このあたりから通勤する程度であれば、電池が不足する心配はなさそうだ。

EV走行を続けて電池の残量が一定値を下回ると、エンジンが始動してハイブリッドに切り替わる。その後はほとんどエンジンをかけて走っているが、特に違和感はない。加減速を繰り返すシーンで、エアコンを強くしたとき、一度だけクラッチの振動を感じた。プリウスのように積極的に電池に充電はしないが、下り坂やブレーキ時に回生したエネルギーをバッテリに蓄えて、上り坂でのアシストや発進時のアシストにモーターからの駆動力を使うのだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シボレー の関連記事

シボレーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー の関連記事をもっと見る

シボレー の関連ニュース

シボレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23