autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シボレー エクイノックス 燃料電池車 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/11/18 15:11

シボレー エクイノックス 燃料電池車 試乗レポート(2/2)

シボレー エクイノックス 燃料電池車 試乗レポート

クルマの完成度はまだまだだが今後に期待がかかる

シボレー エクイノックスシボレー エクイノックス

エクイノックス 燃料電池車の最新モデルは、航続距離もデビュー当時の320kmから420kmへと100kmも延びている。

発表されている正味出力は127馬力。車両重量は明らかにされていないが、ノーマルのエクイノックスよりも約300kg重いというから約2トンの車両重量になる。なにしろパワーユニットだけで240kgもあるのだ。

エンジン、ではなくパワーユニットを始動させる。始動はEVと同じようにプッシュボタンを押すだけ。シフトレバーを走行モードにしてアクセルペダルを踏み込むと同時に、エクイノックスは素早い加速を開始する。

足回りの重さは多少感じるものの、車重2tを超えるクロスオーバー車とは思えない軽快さを見せる。スタートした時の動きは、車重2.3tで510馬力のメルセデス・ベンツ ML63AMGよりも速い。乗り心地は固めで、ソリッドな振動が伝わってくる。

タイヤは、P225/60R17サイズのグッドイヤー インテグリティというオールウェザータイヤを装着していた。

シボレー エクイノックス
シボレー エクイノックスシボレー エクイノックス

エクイノックス 燃料電池車の実用化がいつ頃になるのかを考えてみたが、今回試乗したクルマの印象からすると、まだまだといったところだろう。

例えば、クルマを停めて車外に出るとジージーッという音が車体から聞こえてくる。これは水素から発電する部分のポンプやバルブの音だ。インジェクターの音もする。停車しているのに、いろいろな音がするのだ。

このような音は、燃料電池スタックの改良や新型でかなり解決するという。さらに、システムも「第2世代」が間もなく実用化される。

第2世代では重量が130kg未満になり、かなりコンパクトになるのだ。そうなれば、走行性能も向上しより実用化に近づくはず。

さらに、水素貯蔵容器も現行のタイプ3からタイプ4になる。タイプ4は貯蔵密度は変わらず、重量は20%減少するという。

クルマとしての完成度はまだまだだが、将来のGMのクロスオーバー車などの大型車は燃料電池が主流になることは間違いなさそうだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シボレー の関連記事

シボレーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー の関連記事をもっと見る

シボレー の関連ニュース

シボレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22