autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シボレー 新型コルベット(C7)試乗レポート/西川淳

試乗レポート 2013/11/25 18:29

シボレー 新型コルベット(C7)試乗レポート/西川淳(1/3)

関連: シボレー コルベット Text: 西川 淳 Photo: ゼネラルモーターズ・ジャパン
シボレー 新型コルベット(C7)試乗レポート/西川淳

“アメ車のスポーツカー代表”というイメージからの脱却

シボレー 新型コルベット(C7)
シボレー 新型コルベット(C7)シボレー 新型コルベット(C7)

シボレー「コルベット」が、第7世代へとフルモデルチェンジを果たした。コルベットの7代目、なので、マニアは“C7”と呼ぶ。ちなみに、日本ではスズキとの関係があって使えないけれども、本国では久々に「スティングレイ」のサブネームを使っている。

往年のネーミングが復活。目指したのは、グローバルレベルのスポーツカー性能である。それは、決してポジティブには捉えてもらえない、『“アメ車のスポーツカー代表”というイメージからの脱却』でもあった。

鋭いラインの数々が複雑に融合するエクステリアデザインは、最新のエアロダイナミクスを導入したイマドキの流行りのスタイルではあるけれども、どこからどう見てもコルベットにしか見えないものだ。わずかにフェラーリコンプレックスがみてとれるあたりもまた“歴代コルベットの可愛げ”だったりする。

シボレー 新型コルベット(C7)
シボレー 新型コルベット(C7)シボレー 新型コルベット(C7)

驚いたのは、インテリアのフィニッシュレベルの高さだった。フルラップレザーのダッシュボードフェイシアによって囲まれたコクピットの周りには、アルミニウムやカーボンファイバー、レザーハイドといった高級マテリアルがふんだんにあしらわれている。欧州プレミアムブランドに勝るとも劣らない仕上がりだ。

センターコンソールには、ドライビングモードを選ぶダイヤルが備わっている。「ウェザー」「エコ」「ツアー」「スポーツ」「トラック」の5モードがあり、デフォルトはツアーだ。各モードのキャラクターに合わせて、ステアリングアシスト量、スロットル開度、エグゾーストシステムモード、メーターディスプレイなどが変化するという仕掛け。こんな電子デバイスがついに装着されるにいたったということは、逆にコルベットのスポーツカーとしての性能が、現代最新レベルに到達したということの証である。

シボレー 新型コルベット(C7)シボレー 新型コルベット(C7)シボレー 新型コルベット(C7)シボレー 新型コルベット(C7)シボレー 新型コルベット(C7)

シボレー コルベット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シボレー コルベット の関連記事

シボレー コルベットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー コルベット の関連記事をもっと見る

シボレー コルベット の関連ニュース

シボレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28