autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シボレー コルベット ZR1 試乗レポート/清水草一

試乗レポート 2012/2/28 19:22

シボレー コルベット ZR1 試乗レポート/清水草一(1/2)

関連: シボレー コルベット Text: 清水 草一 Photo: 島村栄二/オートックワン編集部
シボレー コルベット ZR1 試乗レポート/清水草一

コルベットZR1。世界最速市販車の仲間入りへ

シボレー コルベット ZR1シボレー コルベット ZR1

シボレー・コルベットZR1。走りの聖地・ニュルブルクリンクで、かの日産GT-Rのタイムを破ったマシンである。

最初にそのニュースを聞いた時は、「ニュルアタック専用に仕上げられたスペシャルマシンでは?」と思ったが、違った。それは正真正銘、市販バージョン(限定モデルだけど)のZR1だった!

かつてアメリカ車のスポーツカーと言えば、見てくれ重視で走りはフワフワ、ブレーキなんて効きゃしないというのが実態だった。実際かつてのコルベットも、見た目はハデだが走りはあくまで公道番長。サーキットで走ることなんざ、最初から眼中にないタイプのスポーツカーだったのである。

しかしそのコルベットが、あの超本気マシンである日産GT-Rを破った!というのだから、パワフルなだけではなく、コーナリングもブレーキングも最高レベルのはずである。ニュルでGT-Rに勝ったということは、つまりフェラーリにも勝ったということなので、私としても捨ててはおけない。

シボレー コルベット ZR1シボレー コルベット ZR1シボレー コルベット ZR1シボレー コルベット ZR1シボレー コルベット ZR1

馬力は、20年くらい前のF1マシン並み!

シボレー コルベット ZR1シボレー コルベット ZR1

コルベットZR1は、6.2リッターV8 OHVスーパーチャージャーエンジンを積む。ボンネットにはエンジンヘッドの“巨乳”が見えるよう、シースルー窓が設けられている。

「自慢のエンジンを見せる」という演出は、フェラーリお得意のもので、F40やF50、現在の458イタリアは、リヤに積まれたエンジンフードにあえて透明な素材を使っているが、それに倣ったのだろうか。

ただし、フロントエンジンをシースルーにするという発想はフェラーリにもなかった。これは一本取られました。それまで最強だったコルベットZ06は、7リッターの自然吸気。ZR1は排気量を少し小さくしている。代わりにスーパーチャージャーで強制的に空気をシリンダー内に押し込み、Z06の511馬力から647馬力へと、最高出力を大幅にアップしている。

647馬力という数字は、20年くらい前のF1マシン並みの数字だ。8000万円近い定価だったフェラーリ・エンツォにも近い。とにかくとんでもない馬力である。そんなエンジンを積んだZR1は、さぞやデリケートなマシンなのだろう……。

シボレー コルベット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シボレー コルベット の関連記事

シボレー コルベットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー コルベット の関連記事をもっと見る

シボレー コルベット の関連ニュース

シボレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27